アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

モモとストラバイト

ストラバイトという言葉を聞いたのは今日が初めてだった。
始まりは、昨日の夜。モモがうんちをしたので処理をしようと思ったら、かなりやわらかい便だったので、お尻にも残っているかもしれないと思ってウェットティッシュで拭いた。そうすると、少量だが血が付いていた。びっくりしてもう一度拭いたがもう付いていなかったので、痔か??位に考えていた。
その夜、おからの砂のトイレのしっこ玉を処理しようとして、あれ?と思った。いつもはおからのままの白い色なのに、ほんのりベージュの塊なのだ。例の血が気になってモモのお尻をもう一度チェックしたが、特に問題なし。また、このベージュのしっこ玉もウニかモモか分からない。モモが最近妙に良く鳴くのが少し気にはなっていたが、二匹ともとっても元気で走り回っているし、食欲も旺盛なのでとりあえず様子を見ることにした。
しかし、今朝もやっぱりベージュのしっこ玉を発見。うちにはもう一つトイレがあるが、そちらはヒノキの砂なので色が確認できないが、おからのほうには普通の白い玉もあるので、ウニかモモかどちらかの尿がおかしいと確信した。というわけで、白い玉とベージュの玉をラップに包んで保存して、夜二匹とも病院に連れて行った。
先生は、色を見てやっぱり何かを感じたようだ。そしてモモのおなかを触り、腫れていると判断。おしっこの検査をすることになった。
ところが、人間と違って検尿が簡単に出来るわけもなく、かわいそうだがおなかを押して無理やり出すしかないとのこと。余りの痛さに、モモは驚くほど大きな声で泣き叫ぶ。そのうち、三人がかりで押さえるはめになったために、自分達は外に出されてしまった。外でもモモの泣き叫ぶ声が聞こえ、本当に心が痛くなった。聞くに堪えられないほどの声で、外で一緒に待っているウニも不安な顔をしていた。
そして結局のところ、モモのおしっこのなかにストラバイトなる石が出来ていることが発見されたのだった。顕微鏡で見せてもらったが、キラキラ光る綺麗な塊が沢山見えた。おしっこをするたびに痛かったようだ。
一過性かもしれないし、体質かもしれないとのこと。これから1週間特別の療養食を与え、薬も一日二回飲まなくてはいけない。そして来週またおなかを押しておしっこの検査をしなくてはいけない。かわいそうなモモ。
オスの方がこのような病気にやりやすいというので、エサはすべて低マグネシウムのFUS対策のものをあげているし、ウニモモは水は沢山飲む。人間の食べる塩分の強いものなども与えていないし、すこぶる環境は良いと思っていたのだが・・・トイレの掃除が行き届いていなかったのか?
どうか、一過性のものでありますように。モモちゃん、一週間がんばろうね。
そして本日の治療費(療養食込み)、5,600円。給料日まで1週間。財布も、がんばろうね・・・
[PR]
by unilog | 2004-09-16 00:01 | ウニモモ