アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

ごめんよウニ

今日の母はイライラモード。そういうときに限ってウニは母の食べ物に何度も手を出そうとし、ダメ!といって頭を軽く叩くと、攻撃し返してきてさらに「フー!!」と威嚇までする。
ぶち切れた母は頭を押さえつけて「ダメ!」と叱ってみたが、全然効果なし。それで隣の部屋に電気もつけずにウニとモモを閉じ込めてしばし一人の時間を作ってみた。
でも後味も悪いし、さっさと食事を終わらせて扉を開けた。
モモはいつもどおりゴロゴロと近寄ってきたが、ウニはどこかに行ってしまった。
しばらく発ってからウニも普通の様子でやってきた。急に可愛そうになってしまい、ごめんね、と抱きしめたのだが、ウニはすっと肩にのって高いところからの眺めを堪能したらまた降りてどこかに行ってしまった。
猫たちは何にも感じてないのだろうが、自己嫌悪の母であった。ごめんよ。人間ってこういう時もあるんだよ・・・
[PR]
by unilog | 2005-01-25 22:35 | ウニモモ