アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

ウニ脱走

a0009397_23542776.jpgまたやってしまった。網戸にしていないほうの窓を開けて掃除をしてしまい、ウニモモ脱走。モモは連れ戻すのがとても簡単なのだが、ウニのときには一苦労。
マンションのベランダの下、コンクリートと地面の高さ10数センチの隙間奥深くに入ったまま出てこないのだ。ごはんをおいても、おやつを置いても出てこない。本人は楽しくて入っているのか、それともおびえて出てこないのか分からないのだが、前回もここに入ったままなかなか出なかった事を考えると、実は気に入っているのかもしれない。
しかしこっちは必死。すぐ隣の道路は良く車が通るのでほったらかして置くわけにも行かず、狭い場所に体を折り曲げ、隙間に顔を覗かせて「ウニー、出ておいでー、ウニちゃ~ん」と何度も呼んだりおもちゃを見せたり。
a0009397_23543666.jpg通りかかった子供が母親に「あの人何してるんだろうねー」と聞いていた。母親は「猫ちゃんを呼んでるんじゃないのかな」とフォローしてくれたが、きっと通りかかる人は皆怪しく思っていただろう。
必死の説得の末、15分くらいかけてやっと好物の牛乳で釣ることが出来た。全身を出して牛乳を飲み始めて集中し始めた頃を見計らい(写真を撮ったすぐあと)捕まえて家までダッシュで戻った。
写真だけ見ていると、青空と緑の中でのランチタイムみたいで楽しそうなのだけども。
[PR]
by unilog | 2005-03-21 23:58 | ウニモモ