アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

ウニモモ&チェルビー

ウニモモとチェルビーの関係は、まあまあと言ったところ。ウニモモのほうが明らかに余裕で、時々だらりと横になったまま手だけ伸ばして通りがかったチェルビーにパンチをくらわしたりしている。
両者ともお互いが気になってちょっかいを出したいのに行動の得体が知れなくてどう接していいのか分からず、そのうちヒートアップしてきて追っかけまわしになるようだ。
パッとみると目の前をウニがチェルビーに追いかけられてダッシュしていて、次の瞬間にはチェルビーがウニに追いかけられて逃げていたりする。
ウニモモは最近とても甘えんぼうになった。やはり、焼きもちなのだろうか。モモはしょっちゅうくっついてきて、ウニは素直に抱っこされたりなでられたりしている。ちょっとそれが嬉しかったりする母であるが、当人達にとってはストレスなのかもしれない。ごめんね。
[PR]
by unilog | 2005-06-21 22:32 | ウニモモ