アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

毎朝

a0009397_0241075.jpg昔のように朝方激しい攻撃を受けて起こされることはなくなった。今は、朝方自分が目を覚ますとウニモモが交互に布団の上をうろうろ、うろうろと歩き回る。
モモは枕の上か自分の胸の上に座り込んでじっと自分が起きるのを待っている。ウニはベッドに登ったり降りたりを繰り返し、ゴロゴロスリスリと寄ってくる。
ほんの少しでも起き上がるそぶりを見せるとウニモモはダッシュでキッチンに向かうが、起きずにいるとまた戻ってきて同じことの繰り返し。今は仕事を辞めたのでゆっくり寝ていられるため、朝のウニモモとの触れ合い(?)を楽しんでいる。
多分本人達は早く起きてごはんにしろと思っているのだろうが、目を覚ますと交互にゴロゴロやってくるウニモモを撫でながら朝のひと時を過ごすのが今のちょっとした幸せである。
写真は、枕元でくつろぐモモを携帯でパチリ。
[PR]
by unilog | 2005-07-30 00:30 | ウニモモ