アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

おかえりウニモモ

a0009397_12203985.gifウニモモと2日ぶりのご対面。彼らにとっては1週間ぶりに自分と一緒に家で過ごせることになった。
部屋でくつろいでくれるかな、と、どきどきしながらケージから出すと、クンクン、クンクンとあちこちのにおいをかぎながら部屋中を探索。
昔使っていたものたちを確認したら、初めて見る家具や窓などにも興味深深で、とにかくあちこち探索している。すぐに階段が気に入ったようで、上下運動を繰り返している。2階廊下の、高さ1.2mくらいの場所にある小窓にも登って外を見つめていた。足場もないのによくそこまで飛べたものだ。
とりあえず元気一杯なようで、よかった、よかった。

写真は、寝室の窓から外を見つめるウニ。気温は20度、外は雨。

1階のリビングにも入れてみたが、チェルビーはモモとは鼻で挨拶をしたが、ウニを見るとほえ始めた。やはりウニとはあまり相性が良くないようだ。その後隔離してもチェルビーは吼えたりおしっこの粗相をしてしまい、興奮しているようだった。
前のマンションと違い、ここでは生活テリトリーがちがうので、お互い気楽にやれるのではないかと思う。

とりあえず、あわただしかったこの1ヶ月もやっと落ち着ける日を迎えた。しばらくの間はここで一緒にのんびりしようね。おかえり、ウニモモ。遠くまではるばるお疲れ様。
[PR]
by unilog | 2005-08-22 12:21 | ウニモモ