アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

おいしい親戚

毎日冷えが厳しくなっている。今日は最高気温が-4度、最低気温は-16度。そんなに寒くてもウニモモは空気の入れ替えで窓を開けると寄って来て、じっと外を見つめている。雪が面白いようだ。チェルビーは窓を開けると逃げてゆく。あれ、犬は外で喜び、猫がコタツで丸くなるんじゃなかったっけ。

暇だったので、100%猫。親戚探しに登録をした。
猫の血統書の登録で、同じ祖先のある猫同士を紹介してくれるというウェブサイト。
3代前まで=計14の祖先の名前と血統書番号をタイプするのはちょっと面倒だったが、ウニモモ両方とも同じおじいちゃん/おばあちゃんを発見!ちょっと嬉しい。孫同士なのでそれほど血が濃いわけじゃないのに、写真を見て「うーん、似てるかも??」などと考えてしまう。

ところでウニのお母さんの名前は Delicious Mineral (おいしいミネラル)。面白い名前だなあ、と思っていたところ、他の方のアビシニアンで「おいしいマヨネーズ」「おいしいクレープ」さんという祖先も発見。同じブリーダーさんだと思うが、とっても気に入ってしまった。他にどんなおいしいシリーズのアビたちがいるのだろう??
他にもどなたかおいしい祖先をお持ちの方はいらっしゃいませんか?


ついでにチェルビーの血統書もみて今日知った。
登録名は Apollyon of ~(犬舎の名前) というが、 Apollyon という言葉の意味をしらなかったので辞書を引いたところ、

----------
アポリオン、底なし穴の天使{てんし}◆ギリシャ語で「破壊者」の意味。新約聖書のヨハネの黙示録9章11節で、地獄のふち天使、イナゴの王として描かれる。別名 the angel of death。
----------

ええーっ、ちょっと過激的じゃない??
他にも意味があるのかもしれないが、とてもあのお間抜けな顔を見ていると地獄の天使には見えない。ある意味「破壊者」は合っているけど。
[PR]
by unilog | 2005-12-28 22:05 | ウニモモ