アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

東京のおうちだよ

a0009397_20424741.jpg貨物便で羽田空港まで運ばれたウニモモ。今回も1つのケージに二匹が一緒に入っていたので、ちょっとは安心だったことを願う。空港で会った時モモは結構くつろいでいたが、ウニは茫然自失状態で固まっていた。家までの車の中でもまったく泣きもせず、驚くほど静かにしていた。
新居につくと、まずフンフンフンフンとあちこちの匂いをかぎながら家内検索。モモは結構すぐにあちこちに登ったりドアを開けたりで楽しんでいたようだが、ウニはかなりの及び腰。
そのうちウニは誤って物を倒してしまい、倒れた時の大きな音にびっくりしてしまって冷蔵庫と壁の間に隠れたまましばらく出てこなくなってしまった。よほど怖かったらしい。
数時間後、やっとウニもまた探検をはじめたが、すっかりくつろいでいるモモと違ってやっぱり及び腰。今回の引越しはウニにはちょっと刺激が強すぎたようだ。
それでもそれなりにくつろげる場所が見つかったよう。まだまだ落ち着かない生活だが、やっぱりウニモモのいる生活は幸せ。もう引越しはしばらくしないで済む様にがんばるからね。
[PR]
by unilog | 2006-04-02 20:51 | ウニモモ