アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

ウニのオロナミンC

母が風呂からあがったり、洗面台に向かうと飛んでくるウニ。棚に登り、洗面台に向かう母をじーっと見つめ、肩に手をかけ、ゴロゴロいいながらうにゃーん、うにゃーんと訴えてくる。
別に風呂上りの母に興奮しているわけではなく、ウニのお目当ては洗面台の棚に入っているあるモノ。もうそれなしでは生きてゆきたくないの僕ちゃん、というくらいの大好物なのである。

その好物は、『馬油』。肌に良いので時々顔や体に塗っているのだが、ウニは狂おしいほどこれが大好き。無臭性なので人間の鼻には匂いがしないのに、ちょっとでも蓋を開けた瞬間にすっ飛んできてもう大変。
体に悪くはないと思うが、週に1回程、ほんの米粒大しかあげていない。つまりねだっても望みは殆ど叶わない。それでもしつこく毎回毎回洗面所に付いて来る。

母が長風呂をしている時にもずーっと洗面所で待っていて、上がった途端に期待のこもった目で訴える。目が合った瞬間「ないない、ないよ、ウニ」と声をかけるのだが、それでもウニは引き下がらない。あげなかったときのショボーンとした顔を見るのは大変辛いので、結構このやり取りは、母にとってはストレスだったりする。

それでは、どれだけウニが喜ぶかをご覧ください。
a0009397_22325813.jpg

[PR]
by unilog | 2006-07-23 22:41 | ウニモモ