アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

カテゴリ:ウニモモ( 357 )

5年ぶりに

気がつけば五年も放置してました。

生活には色々変化はありましたが、ウニモモハナ皆元気です。

ウニモモは今年12歳になります。さすがに動きはおっとりしてきましたが、病気もせずマイペースで暮らしています。年々甘えん坊度合いが増してきて、家では母のいる場所にウニモモハナみんながくっついてきて暑苦しい嬉しさです。

ハナは小学校二年生になりました。最近はウニモモのお世話もできるようになりとても仲良しに。
ハナも病気ひとつしない健康優良児で、空手にプールにピアノに学童にと毎日アクティブに動いています。

北海道の実家で暮らすチェルビーも元気。家が大好きで散歩を嫌がるらしいですが、いつもジジババに愛されています。

東京で家を購入してわずか三年で母の転勤で西日本に引っ越しまして、何度住環境を変えたかわからない位落ち着かない生活ですが、ウニモモハナと母で楽しく暮らしています。
父は生活から消えました^_^

ブログの更新はもうあまりしませんが、たまに元気な姿は載せたいとおもい。

ウニモモが小さかった時にお付き合いしていた方々も交流が無くなってしまいましたが、もしよかったらまたご連絡くださいませ。

eri@unimomo.com

a0009397_11014646.jpg
a0009397_11130063.jpg
a0009397_11313903.jpg
a0009397_11022995.jpg
a0009397_11300908.jpg

[PR]
by unilog | 2015-07-11 10:51 | ウニモモ

天敵モモ

今の母の一番の悩み&天敵はこの方。
a0009397_22415025.jpg
なぜなら、ウニモモ家にとうとうお目見えしたのが40型液晶テレビだからなのである。

液晶とプラズマの違いはいろいろあるが、なんと言ってもプラズマの方が表面が固くて傷つきにくいため、猫と子供のいる家には絶対的にプラズマが良いという意見が多かった。
購入前にネットで情報を見ていると、子供が突っついたり、猫がガリっとで液晶がさようならになった経験談も多数。
プラズマ以外考えられないと母は決めていたのに、売場で父がソニーのブラビア(液晶)に惚れてしまい、これ以外は絶対イヤと駄々をこねた多ために結果こうなってしまった。

厚さも10センチ程度だし、まさか猫も乗らないだろうと思っていたら、設置完了後5分で、気がつけばモモがその薄いてっぺんを歩いていた・・・・
さすがの母もシャッターチャンス!とは出来ずに慌ててモモを下ろしたのだった。

故意に画面を引っかくことは無いだろうけど、てっぺんから落ちそうになってバランスをとろうとガリリと行くことは十分以上に考えられる・・・・


画像の美しさは確かに母も同感、同意、ブラビアとっても良いですよ。
でも、ウニにモモ、さらにイタズラ盛りのハナまでいる我が家。
お願いだから1ヶ月で液晶ダメージになるような事態にだけはならないように・・・

a0009397_22423827.jpg
モモ「いいですなあ。」

a0009397_2241584.jpg
モモ「何か?」


モモさん、しっぽ焦げますよ。


しばらくの間は、テレビを見ていないときには布でも掛けてカバーするしかないか。
[PR]
by unilog | 2009-01-11 23:03 | ウニモモ

巨大な

これなんですか?
a0009397_1491636.jpg
なんだかそそられるニオイがしますが。
a0009397_1492312.jpg
袋を噛み始めたので撤去。

正解は、大きなタコの足。

a0009397_1493095.jpg
北海道ではお正月近くになると巨大なタコの足がどこのスーパーでも売られている。
なかなか東京では見ることもないので(あっても高いか)実家から送ってもらった。
これはまだまだ小さめの方。まあ、あまり大きくても食べきれないけど。

残念ながら猫にはタコは食べられません。

*************************************

今年も一年気まぐれの更新にお付き合いくださいありがとうございました。

良いお年を!!

*************************************
[PR]
by unilog | 2008-12-31 01:56 | ウニモモ

モモ&ハナ

ハナがウニモモ両方の事を「モモ」と呼んでいたのだが、どうやらそれは猫全体のことを言っているらしいことが判明。
猫の写真やおもちゃを見ると、全てにおいて「モモ」と呼んでいたのであった。
うーむ、名称はともかく、ウニとモモの違いは判っているのだろうか??

最近のハナはモモと仲良し。
といようよりも、モモが辛抱強く相手をしてあげているだけなのだけど。
a0009397_140572.jpg
一見仲良さそうな写真だけど、下の写真のモモに注目。
猫好きな人なら判る、モモの耳が不機嫌さを表している。

ウニはこんなにおとなしくハナの側にいることはないけれど、泣くとすぐに駆けつけたり、陰でこっそり見守ってくれている。
でもハナ的には、やっぱりいつでも視界に入るモモのほうが面白いらしい。

来年はどんな関係に変化するだろうか。楽しみなのである。
[PR]
by unilog | 2008-12-31 01:47 | ウニモモ

プチ猫じゃらマスター

最近、ハナが「モモ」と言えるようになった。
でもウニを見てもモモと呼ぶので、ウニモモの違いが判っていないのか、はたまた一般的に猫の事をモモと言っているのか良くわからないのだが、ともかくモモーモモーと言いながらウニモモを追いかけていく姿はなかなか面白いのである。

久々に猫じゃらしを購入したところ、運動不足のウニモモは大喜びでハアハアいいながら飛びついてきた。それをみたハナがいたく喜んでしまい、以後、猫じゃらしを両手に持って追いかけまわっている。

初めはただ突き出すだけだったが、最近段々要領をつかんできたみたいで、ウニモモも時々反応するようになってきた。
数年後には立派な猫じゃらマスターになっていることだろう。

a0009397_23113552.jpg
とうちゃんから猫じゃら方法のレクチャーを受けて、
a0009397_23114780.jpg
いざ出陣!
a0009397_23115626.jpg
差し出してもダメですが
a0009397_2312318.jpg
ちょっと上達。

ところで

どんなときにもどっしり構えているモモと違い、ビビリのウニはハナの気配を感じるとさっと逃げていくので、なかなか写真も取れずじまい。
でも10月には無事5歳をむかえて元気一杯にしています。
a0009397_23152586.jpg
おなかのメタボは相変わらずだけど。

[PR]
by unilog | 2008-11-08 23:29 | ウニモモ

眼光

静岡(山梨との県境)にある富士花鳥園はとってもお薦め。
花が咲き乱れる温室と、なぜか200羽のフクロウ、130羽のトロピカル系インコ、そして30羽のエミュー放し飼い、と良く解らない組み合わせの、怪しくもシュールな穴場。

フクロウというのは意思疎通ができなさそうなのに、なぜか心魅かれる不思議な生き物。その魅力はちょっと猫に近い気がする。
そして、まん丸で可愛いのに鋭い眼光。フクロウはこの眼が良い!

うーん、この眼、どこかで見たような・・・?
a0009397_2139565.jpg




・・・・これ?
a0009397_21394212.jpg
 



おまけ

インコはヒッチコック映画のように群がってくるし、エミューの群れにもえさを持って乱入できるし、おびただしい数の鯉はいるしでなかなかスリリングな公園。
河口湖から車で30分くらいなので、ドライブのついでにおすすめです。
a0009397_21421778.jpg

[PR]
by unilog | 2008-09-07 21:49 | ウニモモ

久々にチェルビー登場

久々に登場、北海道の実家のチェルビー。
写真は、昼寝するジジの足の間で一緒に昼寝しているところ。
a0009397_21281946.jpg

しかしすっかりジジババと3人での規則正しい暮らしが落ち着いていたところに、ジャマばかりするハナの乱入に戸惑っていた様子。
チェルは興奮すると本気で噛むことがあるのでジジババも気を使ってチェルを牽制してダメダメばかり言う上にハナを構うので焼きもち&ストレスがたまったようで、ご飯を食べなくなったりする事も。
もしかして、「みんなダメダメ言うけどボクはちゃんとハナの面倒見れるよ、一緒に遊んであげるんだから大丈夫だよ。えこひいきしないでよ」って思っていたのかも。
ごめんなさい。

ハナのほうは全く動じず。
いつもウニモモと一緒にいるし、毎日お隣の柴犬に会っているので吠える声にも慣れていて、そしてまだ一度も怖い&痛い思いをしていないから目の前で吠えられても「おぉ」とびっくりした顔をする位。
「ワンワン、ワンワン」といっては追いかけていくし、一緒に遊びたくてしょうがない様子。
唯一チェルに泣かされたのは、食べていたパイナップルをチェルにつつかれて床に落としたとたんに食べられちゃった時だった。
a0009397_220572.jpg


帰省するまでは毎日寒いくらいだったという天気が、滞在中はからっと晴れて暑いくらいので、北海道らしい青い空と白い雲、痛いくらいにまぶしい日差し、湿気のない気持ちよい空気と爽やかな風の中、理想的な夏休みを満喫した。
a0009397_21421316.jpg

朝は早く起きてチェルと一緒に公園を散歩し、家の中で追いかけっこをし、たっぷり昼寝をして、午後からまたお散歩に行き、ごはんをたらふく食べて、夕方は庭で遊び、夜は早く寝る。
子供の頃の夏休みのような、健康的な毎日を過ごした。
うーん、よい夏休みだったなあ。

もう数年したらチェルにストレスをかけずに遊びに行くことが出来るはず。
ごめんね、もうちょっと待っててね。
[PR]
by unilog | 2008-08-10 21:53 | ウニモモ

予防接種

約2年半ぶりにウニモモを予防接種に連れて行った。
2歳までは定期的に接種していが、その後開いてしまったのは飼い主が忘れていたということもあるが、毎年じゃなくても良いのだろうなとぼんやり考えていたことにもある。
室内飼いでも毎年接種すべきと言う説と、副作用や院内感染のリスクの方が高いから3年に1回でよいという説があり、どっちもそれなりに説得力があるので、間を取って2年としてみた。(どっちつかずで本当に意味あるのか?)

というわけで、久々にバリケン登場。2年半前の引越&飛行機を思い出して警戒されるかと思ったが、居間に置いたとたんモモはすっかりくつろぎムード。
こりゃあ捕まえて押し込む手間が減ったぞと思ったときに思わぬ伏兵登場。
a0009397_21362732.jpg
バリケンのドアを開け閉めしたり、外から指を突っ込んだり、モモも迷惑そう。
そして挙句の果てには
a0009397_21263751.jpg
モモは『構ってられっか!』とばかり、狭い空間とハナの間を上手に飛びぬけて出て行った。

まあそんなわけで予防接種+簡単な健康診断に行って来た訳だけど、はっきり言われた一言。

「太りすぎですね」

ウニ5.2キロ。モモ5.1キロ。
まあ、判ってはいたのだけど獣医さんに言われるとやっぱりマズイとあらためて思ってしまった。

フードは定量しか与えていないのだが、パッケージに書いてある定量は、室内猫には多すぎるのだそう。確かに、いつも食べきらずに残っていた。
始めは数粒減らすくらいからやってみてくださいと言われたが、心を鬼にした母はいきなり40%減にして早3日。
・・・それでも食べきらないでやっぱり残していた。
うーむ、今までやっぱり量が多すぎたみたい。残ってるから何となくまた食べちゃっていたのだろう。

特にオスで泌尿器関連の病気を持つと、太るほど悪化しやすいとのこと。
いつまでも子猫だと思っていたけど、もう数ヶ月で5歳になるウニモモ。
長生きしてもらうためにも、やっぱり痩せなくては。

まあ、だんだんハナに追いかけられて運動量も増えていくと思うけど。
[PR]
by unilog | 2008-07-21 21:43 | ウニモモ

ばくりっこ

モモの指定席のベッドは、最近のハナのお気に入りの場所。

ハナの指定席の小部屋は、最近のモモのお気に入りの場所。
a0009397_21295093.jpg



思い思いに

ハナはのんびり読書をし、

モモは・・・・・思い切り爪を研ぐ。
a0009397_21195726.jpg


ばくりっこ、は北海道弁で交換しあうこと。
[PR]
by UNILOG | 2008-07-10 21:30 | ウニモモ

原因は

うちのPCは約1年ほど前から音がでなくなってしまった。

システム的な問題ではなく、内蔵スピーカーの線が中で接触不良になっているだけなのでイヤフォンや外部スピーカーをさせば音は聞こえる。
線はモニターの裏に入っているらしく、修理に出せばモニター部分を丸々交換になるために10万円近くかかるらしい。
DELLのPCなんて10万円で新品が買えるのだから修理に出す気はないのだけど、他には不都合もないので、とりあえずまだ新品に変えずに頑張っている。


・・・・でもね、原因ってこれだと思うんだけど。

a0009397_22322168.jpg



次回は猫が乗っても壊れない、タフなPCを買うべきか。
[PR]
by unilog | 2008-06-30 22:35 | ウニモモ