アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

カテゴリ:チェルビー( 39 )

ハナ、チェルビーと遊ぶ

連休を利用して、北海道に里帰りしてきた。
a0009397_0492751.jpg

チェルビーは相変わらずぴょんぴょん飛び跳ねては陽気で激しく愉快なまま。
前回はハナにひどい焼きもちを焼いたのでちょっと心配したが、今回はそれほどではなかった。
とは言ってもやはり自己主張が強くなってジジババに噛み付いたりすることもあり、やっぱり自分の座を奪われたような気になっていたのかもしれない。
不思議なことに、東京に戻る当日はもう自分の座は安泰と悟ったかのごとく、妙に神妙でおとなしくなってしまった。

前回はまだ生後3ヶ月ちょっとで周りのことなどわからないハナだったが、今回はもう7ヶ月になり、ウニモモに慣れているせいか、チェルビーを見て大喜び。
顔を見るとキャッキャ言って笑い、ぶんぶん振り回す尻尾をつかもうとしたり、チェルの動く方向ばかり見て大喜びしていた。
離乳食をチェルに横取りされたり、おもちゃのぬいぐるみを取られたりもしたけれども楽しかったようだ。
とはいっても、柴犬やラブのようなしっかり落ち着いた犬と違って、陽気で落ち着きなく、甘えん坊のイタグレなので赤ちゃんの共存って結構大変だろうなあと考えてしまった。
猫と違って積極的に手を出してくるし、動きも激しく、犬なので力もある。悪気は無くても事故は起きやすいだろう。犬との共存の方が気を使うことは多そう。

それにしても、家では猫、実家では犬が物心つく前から当たり前にいる生活だなんて、とってもうらやましい。いいなあ、ハナ。


P.S.  Hさん、もここもカバーオールとっても役に立ちました!ありがとう~
[PR]
by unilog | 2007-12-27 00:34 | チェルビー

チェルビー、ハナに会う

まったりのんびり(ぐうたら?)な実家での生活も終わり、ウニモモの待つお家に帰宅。
ウニもモモももうハナに対して特別興奮したり焼きもちを焼いたりということもなく、全く普通に受け入れていた。良かった良かった。

さて、実家でのお話。
家に到着するといつもどおり激しくピョンピョン跳ねて再会を喜んでくれたチェルビー。
通常、お客さんには少し吠えるものの基本的には構いたい&構われたいチェルなので、ハナのことも興味深々。
a0009397_22352844.jpg
「誰?何?見せて、見せて!」
a0009397_223737100.jpg
「ちょっとお嬢さん、アソビましょ~」


しかし夜のことだった。
チェルも寝たので、とジジババがゆっくりハナを構おうとした途端、チェルがガバッと起きて激しく吠え始め、ジジババがハナを手放してチェルをなだめるまで止まらなかった。
毎日ジジババに愛されて一人っ子状態を満喫していたのに、その地位を奪われたように感じたのかもしれない。
その後もしばらくハナが泣いたりジジババがあやしたりすると吠えて自分を主張していたが、ジジババがハナよりもチェルを優先して可愛がるようにしたところ、3日目くらいからはけろりとして普段のチェルビーに戻った。
多分、自分の位置が侵されていないことが判ったからだろう。

数日もすると、こんなに仲良く(?)なりました↓
a0009397_22375130.jpg
チェルお得意の、人体お座り。


ハナはハナで、初めはチェルが吠えるたびにびっくりして泣いたりしていたのだが、こちらも慣れたもので、目の前で吠えられても表情一つ変えなくなってしまった。
チェルの顔を見てはニコーと笑い、動きをよく目で追って、結構楽しんでいたようだ。

ウニモモと違ってチェルビーはアクティブにハナの前に現れるし、動きも激しいのでよく視界に入って認識も早かったようだ。
その効果か、東京に戻ると、ウニモモの顔を間近で見るとニコニコ笑いかけるようになった。
猫なので笑い返してくれないのがちょっと残念だが、やっと相互理解ができるようになったようでちょっと嬉しいのである。
[PR]
by unilog | 2007-09-29 23:18 | チェルビー

近況報告

ハナをつれて北海道に2週間の里帰り中です。
北海道は涼しいところか寒いくらいで当初はびっくりしましたが、なんとか体も慣れてきて毎日おいしいものを食べ、三食昼寝付きをエンジョイ中。ハナも毎日たくさん構ってもらえてご機嫌です。

10/15からまた仕事に復帰することになりました。なのでこんなにのんびりダラダラできるのも今だけ、という理屈をつけて、子供を置いてあちこち遊びに歩いています(笑)
もう数日で東京に戻るのは残念ですが、ウニモモ(と父も?)に会えるのも楽しみです。ウニモモはやっぱり母がいないのが寂しいのか、とりあえず父でもいいか、という感じでゴロゴロしに来ているようです。

チェルビーは初めの数日にひどい焼きもちをやいていましたが、その後は自然と受け入れてくれた様子。毎朝ハナを抱っこして、チェルビーの散歩を楽しんでいます。
デジカメはもってきましたが、編集ソフトがないので写真とレポートはまた次回に。とりあえず、母のヒザの上でくつろぐチェルの寝姿を。
a0009397_2027349.jpg

最近更新もしていなかったので、とりあえず今やはりの脳内メーカーでも・・・

ジジババは、「やっぱりチェルはすごい!!」と大喜び。ウニとモモは単体ではそんなに面白くなったので、「ウニモモ」でやってみたら笑えました。
みなさんの愛猫の脳内はいかがですか?
a0009397_20131384.gif
a0009397_20134395.gif

合っているような感じ。
[PR]
by unilog | 2007-09-20 20:18 | チェルビー
北海道の実家で暮らすイタリアン・グレーハウンドのチェルビーは今日で2歳になった。
実家のジジババは、電話で話すとチェルの話ばかりするくらいの可愛がりよう。今日もプレゼント代わりにちょっと良いオヤツをあげて、ご飯も多めによそってあげたそうだ。
a0009397_20221143.jpg
真冬のオホーツク地方はとにかく寒く、日の入りが早い。4時過ぎにはもう日が落ちて、すっかり暗くなってくる。
その時間になると晩御飯、オヤスミの時間と判っているチェルは、夕方5時近くになると自分からケージの中に入るのだそう。入ってお座りしているとご飯が出てくるのを知っているからだ。

そしてガーッと一気に食べた後は、ベッドに丸くなって、オヤスミの体勢に。ジジババが上から毛布を何枚も掛けてくれるので、暖かく包まったらあとは朝までサヨウナラ・・・・。
本日など、4時半に自分からケージに戻ったようで、その10分後には眠っていたそうだ。

トイレや水飲みに何度か起きるが、用事が済めばすぐ布団にもぐり、いびきをかいてグーグー。そして起きるのはジジババと一緒の頃。
用事が無ければ朝は9時近くまで寝ていることが多いのだそうだが、やっぱりそれくらいまで寝ているそう。
平均して、15時間くらい寝ているのだろうか??

その代わり昼間は殆ど一睡もしないで遊んだりくつろいだりしているようだ。すぐに人の膝に乗りたがり、いつでもジジの後ろをついて回るチェル。
すっかりジジババと生活リズムが一緒になってしまった、面白い子なのであった。

写真は、11月に里帰りした時のもの。まだ雪はなくて散歩も普通にしていたが、-10度近い気温の最近では、散歩を嫌って逃げ回るのだそう。無理に出しても5分で戻ってくるとか。
a0009397_20215486.jpg
母とツーショット。イタグレにしては大きめだけど、こうやって一緒に写るとやっぱり小さい。
a0009397_2022313.jpg
もちろんガニマタ顕在。道行く人に、「なんだあの歩き方は!」と笑われる。
11月でも地面はうっすらと雪化粧。

[PR]
by unilog | 2007-01-19 20:35 | チェルビー

お久しぶりの・・・・

飛び石連休を利用して、北海道に里帰りしてきました。


もちろん実家に帰る醍醐味といえば、チェルビーに会えること。夏に札幌でも会ったのだが、あまり時間もなく、また良い写真が全然取れなかったのでブログには書けなかった。

元気で陽気な様子はしょっちゅう親から聞いていたものの、会って思ったこと。
「落ち着け~!!!」
昔よりは随分落ち着いたが、それでもやっぱり愉快なイタグレ。ぴょんぴょん跳ね、家中を走り回り、はしゃぎすぎてぶつかり、滑り、落ち着きないことこの上ない。
特にジジの後をいつでも金魚のフンのように着いてゆき、おもちゃを選んでもってきてはジジに遊んでもらい、跳ね回っている。
a0009397_2053548.jpg
朝7時の飛行機だったため、とにかく眠くてたまらなかった母がストーブの前で横になると、ぴったりくっついてくつろぎはじめた。うっ、カワイイ。

しかし母が熟睡した頃、チェルお得意の「腰座り」に。これこれ、人の体にお尻を乗せるのはヤメナサイ(笑)。
a0009397_207971.jpg
人にくっつくと暖かいし、それにここは我が家の一等地、ストーブ前。気持ちよいことこの上なし。
チェルビーはとにかく人にくっつくのが大好き。すぐにひざに座ってきたり、横になるとこうやって人の腰の上に座ってくる。ジジがソファーに寝転がってテレビを見ていると、ジジの足の間に座って一眠り。

家にお客が来た時は、家人のひざに座り、自分も会話に加わっているように神妙な顔で澄ましている。
すっかりジジババとの生活が楽しく、くつろげるようで一日中幸せそうに暮らしていた。トイレやお座り、待てのしつけも完璧。愛されているのだなと感じる。

しかし、チェルビーの可愛さを感じる度に心に浮かぶのがウニモモ。留守の間はペットシッターさんが日に2回訪問してくれるのだが、寒くないかな、寂しくないかなと気になって仕方がない。世話という意味では心配はないのだが、寂しいのはこちらの方のようだ。
ウニモモの様子はまた別に記事にするとして、とにかく無事に4日後に再会できたときには、本当に嬉しかった。家に帰るということの幸せを改めて知ったのであった。
[PR]
by unilog | 2006-11-27 20:16 | チェルビー

久々にチェルビー

毎日暑いので涼しげな写真で登場、久々のチェルビー。
a0009397_2224180.jpg
北海道に引っ越してから、そのままずっと実家の両親に飼われることになったチェルビー。
ジジババにメロメロに愛されて、今ではすっかりジジの後ろを着いて歩く金魚のふん状態だそう。電話で両親と話すたびに「チェルはまた利口になった、あの子は賢い、天才だ」と繰り返すのだが、果たして実態は?

ということで、4ヶ月ぶりにチェルビーと会えることに!

来週の連休は毎年恒例のバースディ割引で北海道へ。自分が7/18生まれ、妹は翌日19日ということで子供の頃は誕生会が一緒で嫌だったが、海の日が出来てからは毎年連休、かつバースディ割引で1万円で帰省できるという特典が出来たのであった。

今年は実家ではなく、昨年東京から札幌に戻った妹宅に集まり、積丹まで小旅行することになった。チェルビーには初めての長距離ドライブだが、この日のために近郊ドライブで経験をつんでいるらしい。
ただし申し訳ないのは、妹の家は社宅なのでペットは泊められないこと。幸い家から歩いて10分ほどの場所に大変良さそうなペットホテルを発見したので、そこに泊めて毎日会いにいったり散歩に行ったりすることになった。
ウニモモと数日会えないのは寂しいが、チェルビーに会えるのはとっても楽しみなのである。

実は8月の1週目は会社が夏休みで、11連休。何も予定がないので、その間チェルビーを東京に寄こしてほしいなあと思っているが、ジジババの反対にあいそうだ。
家にずっといるジジババと生活しているほうがチェルビーにとっては幸せだと思うのだが、たまにはウニモモにも会わせたいし(ウニは怒りそうだが)、休みで時間がある時こそ一緒に過ごしたいものである。
[PR]
by unilog | 2006-07-11 22:12 | チェルビー

久々に

a0009397_22263593.jpgすっかり北海道のジジババの元でくつろいでいるチェルビー。
写真は去年のものだが、こうやって冬の間はストーブの前、人間の腰の上に座ってくつろぐのが日課になっていた。
雪のある間は散歩も15分程度小走りに走っておしまいだったのだが、雪も解けて散歩もしやすくなってきたこの頃、さぞ外を満喫しているかと思いきや、そうでもないらしい。

ババ談ではやっぱり2,30分がいいところだそうで、先日ちょっと遠くまで歩いて40分ほどたったら、突然座り込んで動かなくなってしまったらしい。
「もう疲れて歩けないッス」といった感じで、リードを引っ張っても動かなかったそう。
それでも活を入れて(?)また歩いたらしいが、家の近くに来たとたん走りはじめ、玄関までまっしぐらだったそうだ。

イタグレなんだから、まだ1歳ちょっとのわんこなんだから、もっと散歩を楽しみなさいよ・・・
ジジババの散歩にさえ付き合えない、すっかり軟弱物になったチェルビーなのであった。
[PR]
by unilog | 2006-04-26 22:36 | チェルビー

チェルビーの裏表

ちょっとお澄まし、カワイイ顔でカメラ目線。
a0009397_23215117.jpg

でも本当のチェルビーはこんな感じ。
a0009397_23215859.jpg

[PR]
by unilog | 2006-03-14 23:23 | チェルビー

新しい服

a0009397_22181357.jpg妹がチェルビーの服を作ってくれた。
これ、じつは甥っ子が昔着ていたパジャマの再利用。パジャマの前側(ボタンのある方)がそのまま背中側になるように作ってある。だから着させる時も腕をとおして背中でボタンを留めるだけなので楽チン。これ以外にもお古のトレーナーを改造したものも作ってくれた。

a0009397_22182127.jpg背中側はこんな感じで、パジャマをそのまま利用。ババと妹は洋裁が得意でこんなことができるから羨ましい。自分は全くこの手のことには興味も才能もない。同じ遺伝子を持っているはずなのに、何故に。
妹はネットで売って小遣い稼ぎをしたいようだが、さて。
[PR]
by unilog | 2006-03-07 22:25 | チェルビー

乗るの大好き

a0009397_21473834.jpg
とにかく人の上に乗るのが大好きな殿。今日は昼寝しているジジの足の上にのって日向ぼっこ。
[PR]
by unilog | 2006-02-09 21:43 | チェルビー