アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

仲良くご就寝

a0009397_22244357.jpg人間用ベッドの下に、ウニのベッドがある。ずっとウニは一人でここで寝ていたのだが、最近はモモも一緒に寝るようになった。二匹一緒に寝られるように、とちょっと大き目のこのベッドを去年の春に買ったのだが、やっと最近になってその願いが叶ったようである。
夜になって二匹ともいないな、と思うと大抵ここでくっついて寝ている。
母が寝るときにはモモは下からぴょんと飛び出てきて、ゴロゴロ言って母の顔を舐め、布団に入ってくる。どうも母が寝付いた頃に布団から出てウニの元に戻っているらしい。母を寝かしつけているつもりなのかもしれない。
[PR]
by unilog | 2005-04-27 22:29 | ウニモモ

掃除機こわい

a0009397_22212422.jpg

ウニは掃除機が怖いらしく、掃除機をかけるとすぐに居間から一番遠い寝室のクローゼット上段のかごの中に隠れる。それがとってもかわいいと思う母であった。
ではアップでもう一枚。
a0009397_22213591.jpg

[PR]
by unilog | 2005-04-27 22:24 | ウニモモ

ごめん、ごめん

どこか遠くからか細い泣き声が聞こえてくると思って、はたと思ってクローゼットを開けてみると、中からモモが。
うーん、確かクローゼットを開け閉めしたのは1時間位前だったような・・・
寝る前に気がついて良かった。
本人は機嫌を損ねることもなく、おもちゃ入れを開けようとガリガリ引き出しを引っかいている。猫の力じゃ開かないのだが、諦めが悪いというか辛抱強いというか。そこがモモの面白いところなのだ。
[PR]
by unilog | 2005-04-25 23:56 | ウニモモ

お風呂

a0009397_22465696.jpgウニモモはお風呂が大好き。お湯を溜めているときには危ないのでドアは閉めておくのだが、開けるとこうやって縁に登って水の流れをじーっと見ている。
もちろん母が入浴中も二匹そろってこんな感じで浴槽の縁をうろうろ、うろうろ。モモなどは縁に座り込んで寝てしまったりする。
ウニもモモも時々お風呂に落ちるが、何度落ちてもやっぱりお風呂に戻ってくる。
ちなみに、父一人で入浴するときにはウニモモは来ないらしい。やっぱり母がいいか。そうか、そうか。
[PR]
by unilog | 2005-04-25 22:51

毎日の慣習、夜編

夜、帰宅すると玄関の前で二匹が待っている。大抵ウニの方が元気に出迎えてくれて、モモは直前まで寝ていたようなボケーっとした顔をしている。
家に帰る=ごはんがもらえる、ということがインプットされているので、居間に入ると二匹は大喜び。まず電気を付け、家中のカーテンを閉めに回るのだが、飛び跳ねては二匹揃って後をついてくる。全身で喜びを表し、そしてキャットタワーの横の窓のカーテンを閉めるときには、ウニはいきなり2段目までジャンプをして、おしりを精一杯突き出し、元気にガリガリガリガリと爪を研ぐ。モモはクッションで激しく爪研ぎ。
その後隣の部屋のカーテンを閉めるために移動すると、また大喜びでついて来る。そうしてやっとごはんの支度にかかるのだが、ちょっとでものろのろしていると、「ニャア!!!」と抗議?する。
ごはんの量を計って器に移す間、テーブルの上に飛び登っては「降りる!」といわれてちゃんと降り、1秒後にはまたテーブルに飛び乗って「降りる!!」と言われて降りる。そんなことを数回繰り返し、やっと所定の場所にごはんを置いてもらえるのであった。
家に帰ってから母が落ち着けるのにはしばらくかかるが、この毎日の反応が楽しくて『家に帰る』という幸せを感じる。
かくしてウニモモが落ち着いた頃、母は幸せにビールを飲むのであった。
[PR]
by unilog | 2005-04-25 22:47 | ウニモモ

どうして

仕事で遅く帰った日はウニモモにごめんね、と思わないのに、遊びに出て遅くなると「今頃何してるかな、さびしくないかな、家の中暗くてかわいそうにな、置いてけぼりにしてごめんね、おなかすいてないかな」と思うのは何故だろう。
[PR]
by unilog | 2005-04-17 20:53 | ウニモモ

桜満開、抜け毛満開

お外は桜が満開。新緑も元気に空に向かって伸び始めている。ぽかぽかの陽気で、朝ちょっと早く起きて窓を開けるとまぶしい光が差し込み、すがすがしい風が流れてゆらゆらとレースカーテンを揺らし、そしてどこからかウグイスのなく声が聞こえる。
ホーホケキョというたびにウニモモは「ハッ!!」と反応をして、窓からずっと外を眺めている。
そんなのどかでほほえましい春。しかし、春は抜け毛とほこりと花粉の季節でもある。

去年の今頃、まだ生後半年くらいだったウニモモの抜け毛はそれほど多くなく、短毛種はいいなあと思っていたのだが、今年の抜け毛はすごい!走り回るたびに空気中に毛が飛び回るのがはっきり見える。抱っこをしたりすると、服が毛だらけ。気がつくとテーブルの上においてある自分達の飲み物の中に毛が浮いていることも。どこもかしこも毛だらけ。
できるだけピロコームをかけるようにしているが、これもまた大量。
空気清浄機はフル活動しているし、毎日ダスキンでほこりを払い、クィックルワイパー(ウェットタイプ)で床を拭き、掃除機をかけているが、それでも掃除機に溜まる量はスゴイ。サイクロン式なので毎日面倒にも中身を捨ててさっとブラシをかけなくてはいけないのだが、毛がびっしり、しかも他の季節ではそんなにも溜まらなかった「ほこり状の粉」がビッシリ。これは塵なのか、それとも花粉???
ほこりアレルギーの母にとっては結構きつい季節なのである。
あー、ダイソンの掃除機が欲しい・・・・
それとも、猫に直接かけられて抜け毛を吸い取れる小型掃除機を開発してみようか。
[PR]
by unilog | 2005-04-10 11:12 | ウニモモ