アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

<   2005年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

猫の寝る姿

a0009397_2051527.gif

猫の寝る姿を見ていると、どうしてこんなに心安らかな気持ちになれるんだろう。
もちろん起きているときもかわいいが、気持ちよさそうに眠る姿を見ていると、つい微笑んでしまう。
ちょっとくらいこちらが動いても起きないのがモモ。スピー、スピーと大きな寝息をたてていた。その音がまたかわいくて、しばらく見つめてしまった。
[PR]
by unilog | 2005-08-30 21:05 | ウニモモ

久々にチェルビー

a0009397_20265343.gif最近ウニモモの話ばかり書いていたので、この辺でチェルビーの話題も。
北海道に来てからちょうど1ヶ月経ち、毎日両親より可愛がられ、厳しく躾られてすっかりおりこうさんになったチェルビー。自分たちの顔を見ただけでお座りをするようになった。(なんだかアグラっぽいお座りなのだが)待て、伏せや散歩の時の「付いて」もできるようになった。

両親はびっくりするほど愛情を込めて世話を焼いてくれている。
トイレもおしっこをしたらすぐに取替え、その度にトレイを洗い、毎日のおしっことうんちの回数を記録している。おしっこは最高9回することもあるらしいが、そのたびに誉めたり、粗相をするとしかったりしている。

東京で日中外出していた身ではなかなか十分な世話もしてあげられなかったが、ここでは両親どちらにも沢山声を掛けてもらい、散歩の回数も増え、清潔にしてもらっている。
毎晩のように父がチェルビーを抱っこし、母がタオルで全身を拭いてあげている。耳の中を拭いている時には本当に気持ちよさそうにじっとしている。そういう仲の良い両親を見ているのも嬉しい。
犬は人と一緒にいてこそ幸せだというが、今まで一人で朝と夜だけ相手をしてあげていたのが本当に申し訳なく思う。

それにしてもすごいと思うのは、夜ご飯を食べた後、8時ごろになると自分の家に入ったまま朝まで熟睡すること。時々目を覚ましてもまたすぐに眠りに入り、朝家族が起きて動き出すまで吼えたり暴れたりしない。なので世話をする側もとても楽なのである。

父はチェルビーの目が「細川ふみえ」に似ていると言って聞かないのだが、うーむ、そうか????
[PR]
by unilog | 2005-08-30 20:49 | チェルビー

ウニが木に!!!

a0009397_19441997.jpga0009397_19382955.jpgびーっくりなのである。ウニが木登りをしたのである!

夕方、涼しくて気持ちが良かったのでウニモモにハーネスをつけて庭を散歩させてみた。
初めは固まって全然動かなかったのだが、そのうち少しずつ動き始め、結局30分位かけて庭を1周した。
それは良いとして、なんと、木を見つけたウニが上を見上げたかと思うと、するするっと登ってしまったのだ。高さ1mくらいのところまで行ったのではないだろうか。
木登りなぞ生まれて初めての経験だろうに、本当にするするっと登ったのだ。DNAに組み込まれているのか。
結局上まで行って周りを見渡した後、面白いことがなかったのかすぐに降りてきたのだが、本当にびっくりした。ちょうど良くカメラを持っていたのでばっちり写真を撮ることもできた。

庭1周はおっかなびっくりのようだったが、日光を浴びて草木や花を感じ、土の上を歩くことも大切。また今度やらせてみようと思う。
[PR]
by unilog | 2005-08-28 19:43 | ウニモモ

ウニ脱走

一度はやると思っていたが、またウニが脱走した。

脱走といっても外に出たいのではなく、窓が開いていたのでつい出てみたけれども、どうしていいか分からずにパニックになっているようだ。
以前の経験から、遠くに行かないのは分かっていたので、庭を見ると植木の影に隠れて動かずにいた。固まって動かないのだが、かといって捕まえようと手を出すとパッと走って逃げてしまう。
そんなわけで2,3回逃げられた末に庭の塀においてある物置の隅に追い込み、おやつで釣ったところにそっと手を出すと、「シャー!」と威嚇。本人もおびえて興奮しているので、捕まえると抵抗して逃げようとするが、ぎゅっと捕まえて家の中に戻った。
心細かったようで、部屋に入ってからも何かを訴えるようにニャーニャーと鳴くので、マタタビをあげるとやっと落ち着いた様子だった。
怖いなら出なきゃいいのに、猫の習性なのか、窓が開いているとつい出てしまうのであった。
この辺は田舎なので外猫にしても良いのだが、昔祖母が飼っていた猫が交通事故で死んでしまったことを考えると、やっぱり家猫のままにしておきたい。ぱっと見た時にウニモモがいないと気になる。いつでも近くにいて欲しい依存症なのは、自分の方のようだ。

そういう今、ウニはとなりでくつろぎポーズで熟睡中。
[PR]
by unilog | 2005-08-28 13:44 | ウニモモ

お天気

a0009397_11495221.jpg北海道は朝から良いお天気。久しぶりに気温も復活して、日当たりの良い2階は暑いくらい。
窓に面したキャットタワーの個室では、モモが日向ぼっこ。
のどかな土曜日なのである。
[PR]
by unilog | 2005-08-27 11:52 | ウニモモ

特大ねこじゃらし

a0009397_2432775.gif抜け毛が出るので毎日ハタキと掃除機をかけるよう母親から言われ、久々にハタキなるものを使ってみたところ、最近おもちゃに全然興味を示さなかったウニモモが大興奮。
昔は猫じゃらしに飛びついてきたなあと思い出しながら、遊びながら掃除をしてみた。

基本的にウニモモは2階の部屋と1階の廊下~玄関のみ自由にして、リビングには入れないことになっているのだが、自分がリビングに下りているとドアのところまでやってきて、ガリガリとドアを引っかいたり、ニャアと鳴いてみたりで中に入れて欲しそうにしている。
かわいそうなのでドアを開けてあげるのだが、そうすると2匹ダッシュでリビングに入ってくる。リビングやキッチン、他の部屋をうろうろしているだけなのだが、どうも人のいる場所に一緒にいたいらしい。
あまり長くいるとチェルビーが興奮して吼え始めるので適当な時間を見計らって廊下に出すのだが、まだドアをガリガリやって中に入りたそうにしている。
チェルビーと仲良くなれればもう少し中にいてもいいのだけれども、もうちょっと時間がかかりそうだ。
ともかくすっかりこの家にも慣れたようで、良かった良かった。
[PR]
by unilog | 2005-08-27 02:52 | ウニモモ

田舎の家

a0009397_22541423.gifa0009397_22493335.gif築30年近い家なので、昔ながらの作りのせいか猫が遊びやすそうな場所がいくつかある。
きっと登るだろうと思って拭いておいた、部屋の上にある棚。高さは1.8mくらいのところにあるのだが、その下に置いてあるテレビを上手に使って飛び上がっている。すっかりキャットウォークである。
また、家の何箇所かにある、ちょっと背の高い場所にある小窓もお気に入りのよう。北海道の窓は2重サッシになっているので、その分窓枠にも厚みがあり、ちょっとした出窓のようになっているので、そこに座って外を眺めるのも楽しんでいるようだ。
2階のベランダにはよく鳥さんが飛んでくるし、虫も時々飛んでくる。また、日当たりも良くて空気のとおりもよく、キャットタワーから見つめる外の景色も東京のマンションとは違って面白いはず。
時々遊びに来る1階にも庭に面したサンルームがあり、日光を浴びながら庭の景色を見るのが楽しいようだ。
面白いことに、1階に遊びに来るときはウニモモ揃って遊びにくる。あまり1階にいるとチェルビーが吠え出すのでそれほど長い時間は入れていないのだが、時々廊下とリビングの間のドア(すりガラスになっている)に姿が映り、ドアを開けてくれるのを待っている。時にはニャーと鳴いて催促することもある。
引越しにストレスはかかったと思うが、田舎の一軒屋の方がウニモモ&チェルには環境はばっちりのようだ。

東京でこんなお家に住めていたらよかったね。
[PR]
by unilog | 2005-08-24 23:01 | ウニモモ

すでにホットカーペット

a0009397_22392910.jpg夜は16度近くまで下がるので、ホットカーペットをつけている。家が変わってもモモはあったかな床で熟睡。
明日の天気予報によると最低気温が15度とか。東京じゃまだビールがおいしいんだろうなあ
・・・・
[PR]
by unilog | 2005-08-23 22:34 | ウニモモ

庭付き

a0009397_21363236.jpg庭で野良仕事をするジジの近くでくつろぐチェルビー。庭の中を自由に歩き回って楽しそう。
やっぱり田舎っていいなあ。

本日住民票の移動をし、犬の登録も済ませてきた。チェルビーはこれで正式に(?)オホーツク犬になった。
[PR]
by unilog | 2005-08-23 21:36 | チェルビー

お気に入りの場所

a0009397_2182731.gifウニモモが来てから半日が過ぎた。午後はあちこちの探求で忙しそうだったが、すっかり部屋にも慣れた模様で、夕方はずっと二人でキャットタワーの上で外の景色を堪能したり、眠っていた。
ごはんも元気に食べ、夜現在はそれぞれ見つけたらしいお気に入りの場所で眠っている。時々目を覚ますと自分の所に寄ってきてはゴロゴロ、スリスリし、またその場所に戻って眠っている。
モモは前と同じくテーブルの下、自分の足元。ウニは、一番背の高いたんすの上に置いたクッション(以前使っていたもの)。
たんすが3つとドレッサーを並べたらなかなか良い階段状になり、一番高いたんすからは窓の外の景色も見えるので気に入ってくれたようだ。真ん中のたんすの上には水を置いたが、その場所も気にいってくれたようだ。
残念ながら例の床の間のゴージャスベッドはまだ使ってくれていない模様。

あとは今晩眠る時に各自どのようなポジションで眠るのか、それがちょっと楽しみ。
[PR]
by unilog | 2005-08-22 21:12 | ウニモモ