アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ウニのお外冒険

母は今週ずっと夏休み。予定も¥もないので、一日中ウニモモとのんびり過ごすつもり。お暇な方がいらっしゃったら、是非遊びにきてくださいまし。

モモはお外が大好きで、ハーネスをつけると喜んで草を食べたり、寝転がったり、虫を捕まえたりと外を満喫する。ウニはハーネスを見せるだけで逃げてゆくのだが、開けっ放しにしたベランダまで出てきては「一歩出ちゃおうかなー、どうしようかなー」という煮え切らない態度をとる。そこで「ウニ、出たいの?」などと声をかけると一目散にピューと逃げてしまうのだが、またちょっと発つとベランダまで出てくる。

日光浴は健康の秘訣、ということで、今日はウニも外に出すことにした。シャー、フーと怒り、家具に爪をひっかけて離れないウニに無理やりハーネスを着せ、外に出て草の上に乗せた。ウニはウーウー唸ってお腹をぺったりと地面に付け、へっぴり腰になったまま動かない。
だめだったかなーと思いながらもしばらく側に付いていると、「ん?んん?」と草のにおいをかぎ始め、ぱくっと一口。それから堰を切ったように、周りの草をむしゃむしゃむしゃむしゃとむさぼり始めた。なんだ、やっぱり楽しいじゃないの、きみ。

それでは、そんなウニの様子をどうぞ。
a0009397_20543899.jpg


ちなみに、家の前の草刈はしたんですよ。端の方だけ【ウニモモのために】ほったらかしてありますが、ちゃんと玄関前はすっきりしてます。
[PR]
by unilog | 2006-07-31 21:03 | ウニモモ
やっと関東も梅雨明け。とても気持ちの良い週末だったので、山梨県明野村にあるひまわり畑を見に行ってきました。
ところが高速を降りたあたりから、やたらに「ハイジ村」の看板が。どうやらひまわり畑のすぐ隣に、ハイジ村らしきものがあるらしい。なんで山梨にハイジ?という突っ込みに盛り上がりながら、せっかくなので行ってみました。
a0009397_2348470.jpg
おんじの仕事部屋やらアルムの森やらペーターの広場やら、期待大。

a0009397_23481027.jpg
ハイジと一緒にスイスを満喫。
園内にはクララ(もちろん立っている)や、アルプスの山の上を縦横無尽にブランコで飛び回るハイジも。

a0009397_23481696.jpg
園内はヨーロッパの雰囲気あふれて良い感じ。お花畑も美しく、景色も良く、のんびりとした空気が流れていました。ただしハイジ関連の模型やグッズはちょっとイタダケナイかも。。。

a0009397_23482338.jpg
一番の収穫は、ヤギさん。この子の笑顔?がとってもカワイイ!
ほかにバーナード犬のヨーゼフもいましたが、暑さでバテてだらけていました。

a0009397_23483023.jpg
もちろんひまわりも見てきました。「いま、会いにいきます」のロケに使われた場所ということで多くの観光客が訪れていました。ひまわり畑のなかでの結婚式もあった模様。
でもちょっと小ぶりのひまわりで、多くがすでに倒されていたのが残念。個人的には北海道の北竜町のひまわり畑のようなものを期待していたので、ちょっぴり期待はずれでした。
それでもやっぱり青空の元に広がる大輪の黄色は、心をぱっと明るくします。

帰りは増富の湯へ寄ってきました。前にも来たことがありますが、自分的には今まで行った関東の日帰り湯でNO.1。茶色くて炭酸の効いたラジウム源泉で、それぞれ(27℃・30℃・33℃)という3つの温度に浴槽が分かれています。とってもぬるいので本当に長く入れ、のぼせることなく入浴を楽しめます。入っている人はほぼ間違いなく眠っています。清里からも近いので、是非夏休みに清里方面にいらっしゃる方はお試しください。

ハイジ村はまったく期待しないで行ったのですが、なかなかオススメです。
アトラクションを楽しむという場所ではないですが、のんびり、まったりした時間を過ごせます。是非どうぞ。オフィシャルページはこちら。
[PR]
by unilog | 2006-07-31 00:38

モモ三連発

下のほうのブログでモモのマヌケ顔を披露したので、たまには(?)カワイイ顔も見ていただこう。

モモは結構器量良しだと思うのだが、とにかく表情が良く変わる子である。時々モデル猫!?というくらい可愛かったりするのに、次の瞬間にはかなりブサイクになっていたりする。
見るたびに顔が変わっていて、面白い。まあ、性格も宇宙人のようで、全く行動パターンがつかめないのだが。

a0009397_20534751.jpg
なかなか正統派美人?

a0009397_20535421.jpg
寝ぼけている時は顔がまんまる。

a0009397_2054046.jpg
虫を見つけると、黒目が最大限に。


でも、本当は笑えるブサイク顔のモモが好きなのである。
[PR]
by unilog | 2006-07-27 21:05 | ウニモモ
全国のウニモモファンの皆様、こんにちは。(いるのか、という突っ込みは置いといて)今日は皆様のウニモモ理解度を計ってみましょう。

レベル1 ABどちらがウニモモ?
a0009397_21181934.jpg
これは簡単ですね。はい、左がモモ、右がウニです。それではレベル2にいってみましょう。

どちらがウニモモのおなか?
a0009397_21193665.jpg
ちょっとマニアな人ならすぐお分かりですね。
左がウニ、毛色の薄い右がモモです。
皆様に試していただけないのが残念ですが、さわり心地も違います。モモのは見たとおりやわらかくフワフワ。ウニはちょっぴり剛毛気味です。しかし腹の出具合は両者似通っております。飼い主の母を見て育つとこうなるのでしょうか。

さて、難関度ウルトラ級の最後の問題です。

どちらがウニモモの尻尾でしょうか?
a0009397_21183348.jpg


答:

・・・・・・・実は母にも見分けがつきません。

まだまだ母もウニモモマスターにはなれないようです。

それでは皆さん、この辺で。又来週~
[PR]
by unilog | 2006-07-24 22:19

ウニのオロナミンC

母が風呂からあがったり、洗面台に向かうと飛んでくるウニ。棚に登り、洗面台に向かう母をじーっと見つめ、肩に手をかけ、ゴロゴロいいながらうにゃーん、うにゃーんと訴えてくる。
別に風呂上りの母に興奮しているわけではなく、ウニのお目当ては洗面台の棚に入っているあるモノ。もうそれなしでは生きてゆきたくないの僕ちゃん、というくらいの大好物なのである。

その好物は、『馬油』。肌に良いので時々顔や体に塗っているのだが、ウニは狂おしいほどこれが大好き。無臭性なので人間の鼻には匂いがしないのに、ちょっとでも蓋を開けた瞬間にすっ飛んできてもう大変。
体に悪くはないと思うが、週に1回程、ほんの米粒大しかあげていない。つまりねだっても望みは殆ど叶わない。それでもしつこく毎回毎回洗面所に付いて来る。

母が長風呂をしている時にもずーっと洗面所で待っていて、上がった途端に期待のこもった目で訴える。目が合った瞬間「ないない、ないよ、ウニ」と声をかけるのだが、それでもウニは引き下がらない。あげなかったときのショボーンとした顔を見るのは大変辛いので、結構このやり取りは、母にとってはストレスだったりする。

それでは、どれだけウニが喜ぶかをご覧ください。
a0009397_22325813.jpg

[PR]
by unilog | 2006-07-23 22:41 | ウニモモ

今日の表情

なかなかハンサムに撮れたウニと、とってもおまぬけな顔のモモ。ちょっと対比してみた。
a0009397_051878.jpg

[PR]
by unilog | 2006-07-23 00:04 | ウニモモ

愛されているようで

母が旅行に行っている数日間がよほど寂しかったのか、このところウニモモの甘え攻撃がすごいのである。
a0009397_23464772.jpg
ウニは定位置のソファーの上でゴロゴロ言い始め、「なでて!なでて!!」という熱い視線を送り、それに応えてあげるとすぐにおなかを見せてゴロンと転がり、歓喜のあまり空中フミフミ。
もう僕ちゃん耐えられないの、といった感じで甘えまくりなのである。

先日は朝からこのゴロゴロが始まり、ちょっとばかりなでてあげたところ、普段は5分もすれば満足するウニが、なんとなんと20分もこの調子。おかげで出勤が遅くなったのは言うまでもない。

a0009397_23465765.jpg
モモの場合、まず早朝のゴロゴロ甘え攻撃がすごい。最近はあまり暑くないせいもあるのだろうが、一晩中母のお腹の上に乗っているか、母の腕枕で眠っているようだ。そして目を覚ますたびにゴロゴロと渾身の力を込めて母の喉元をフミフミするのである。(これがとんでもなく苦しいのだが)
日中はすぐに母のひざに乗りたがり、乗っては太腿をフミフミ、ゴロゴロ。
写真は、モモのお気に入りの場所の洗濯機の上。母と寝る時にもこんな感じでくつろいでいるのであった。

そうかそうか、そんなに母が恋しかったのか。
ちょっと嬉しい猫バカの母であった。たんなるノロケ話ですみません・・・
[PR]
by unilog | 2006-07-22 23:58 | ウニモモ

雲丹ログ

札幌&積丹旅行から戻ってきました。

積丹といえば、ウニ。「もう食えん!!」というくらいウニを堪能。猫のウニが側にいないのに、ウニウニという言葉が飛び交った毎日であった。

a0009397_23434930.jpg
宿の夕食に出た生ウニ。大人5人分だけれども、あまり家族は食べなかったため、この半分位を一人で食した。とんでもなくおいしいのにあまりの量があったため、最後には、もう残そうかどうか・・と迷い、でももったいないので無理して食べたほど、贅沢なことをしてしまった。

a0009397_23441891.jpg
水中が見える遊覧船で観覧した、積丹の海の底に点在するリアルウニ。黒い物体は全てウニ。
ここにもあそこにも、ウニウニウニウニ。もぐって取りたい。

というわけで全然ウニモモとは関係のない話題だが、ウニモモはとっても元気。猫なので素っ気無いけれども、確実に母の帰りを喜んでいる感じがする。
[PR]
by unilog | 2006-07-17 23:51
ソファーの下にもぐって休んでいたモモ。退屈になったのか、手だけを出してちょいちょいと挑発していたら、ちゃんと釣られてやってきたウニ。
a0009397_02331.jpg
ちょいちょい、ちょいちょいと小手先で相手にしていたら、ウニも段々本気になってきて大興奮。もちろんこの後は激しい取っ組み合いになって、遊び終了。
楽しそうで大変よろしい。

さて、母は明日から4泊で札幌に出かける。
狭くて落ち着かないホテルに預けるのではなく、ウニモモの世話は知人に頼んだので、家でいつもどおりにくつろげるはず。寂しい時には二人で仲良くけんかしてくれるだろう。
ちょっとの間、留守を頼むね。
[PR]
by unilog | 2006-07-13 00:04 | ウニモモ

久々にチェルビー

毎日暑いので涼しげな写真で登場、久々のチェルビー。
a0009397_2224180.jpg
北海道に引っ越してから、そのままずっと実家の両親に飼われることになったチェルビー。
ジジババにメロメロに愛されて、今ではすっかりジジの後ろを着いて歩く金魚のふん状態だそう。電話で両親と話すたびに「チェルはまた利口になった、あの子は賢い、天才だ」と繰り返すのだが、果たして実態は?

ということで、4ヶ月ぶりにチェルビーと会えることに!

来週の連休は毎年恒例のバースディ割引で北海道へ。自分が7/18生まれ、妹は翌日19日ということで子供の頃は誕生会が一緒で嫌だったが、海の日が出来てからは毎年連休、かつバースディ割引で1万円で帰省できるという特典が出来たのであった。

今年は実家ではなく、昨年東京から札幌に戻った妹宅に集まり、積丹まで小旅行することになった。チェルビーには初めての長距離ドライブだが、この日のために近郊ドライブで経験をつんでいるらしい。
ただし申し訳ないのは、妹の家は社宅なのでペットは泊められないこと。幸い家から歩いて10分ほどの場所に大変良さそうなペットホテルを発見したので、そこに泊めて毎日会いにいったり散歩に行ったりすることになった。
ウニモモと数日会えないのは寂しいが、チェルビーに会えるのはとっても楽しみなのである。

実は8月の1週目は会社が夏休みで、11連休。何も予定がないので、その間チェルビーを東京に寄こしてほしいなあと思っているが、ジジババの反対にあいそうだ。
家にずっといるジジババと生活しているほうがチェルビーにとっては幸せだと思うのだが、たまにはウニモモにも会わせたいし(ウニは怒りそうだが)、休みで時間がある時こそ一緒に過ごしたいものである。
[PR]
by unilog | 2006-07-11 22:12 | チェルビー