アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

<   2007年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

モモとモモ

連日30度を超えて暑い盛りの東京。今日は今年一番の暑さのようだ。なのに、2台あるエアコンが両方壊れたのである・・・・・
1階居間のほうは完全に動かなくなって既に1週間。2階寝室のほうはまだ騙し騙しで使えているが、完全に壊れるのも時間の問題で、毎日ドキドキしながら使用している。この暑さのせいで、家族みんな行き倒れ&イライラモード。

どちらも10年ほどたっている古いエアコンなので部品もなかなか入手できず、修理より新調するほうが安くて効率も良くなる。居間の分は賃貸契約に含まれているので大家さん負担で来週頭に取り付けてくれることになったが、寝室の分はこれから買いに行かなくてはいけない。出費も痛いが、取り付けはいつになるのだろうか・・・。それまでもってくれるだろうか。
とりあえずの暑さをしのぐため扇風機を購入。あとは午後からはショッピングセンターに行ったりして涼んでいる(笑)

さて、そんな暑さをふっとばすような立派な桃が友人より送られてきた。キンキンに冷やして食べたらおいしそう!! 桃ということで、これはやっぱりモモと一緒に記念撮影しなくては。
a0009397_1137033.jpg
しかし寄ってきたのはウニだけ。こちらの『モモ』のにおいはいかがですか?
a0009397_1137647.jpg
結局寄ってこないので、こちらから桃を移動。ウニも一緒についてきた。
a0009397_11371032.jpg
とりあえず、記念撮影ぽいものが取れた。モモとモモである。
a0009397_11371526.jpg
ちなみにモモが休んでいるのは扇風機の真正面。
うちのお嬢さんたちが一番良い場所を陣取っているのであった。

[PR]
by unilog | 2007-07-28 11:49 | ウニモモ

ケーキ食いたい

先週の母の誕生日に父が美味しそうなケーキを買って来てくれた。
サイドはちょっとほろ苦のキャラメルソース、上には洋酒の効いた甘さ控えめで上品なお味の生クリームがたっぷり。
乳製品ラブのウニはケーキを見た瞬間からもう釘付け。テーブルから下ろそうとしてもがんとして動かず、人間の目を盗んで一歩、また一歩と獲物に向かって前進しつつあった。もちろんあげることは出来ないのだが、面白いので写真だけ取らせていただいた。

a0009397_23565677.jpg
「これは、このにおいは!乳脂肪たっぷりの香りがします!」
a0009397_2357237.jpg
「なぜ阻止するのですか!行かせてください!」
a0009397_2357777.jpg
「あの乳脂肪がボクちゃんを呼んでいるのです!止めないでください。」
a0009397_2357126.jpg
「あと一歩、あと一歩なんです」
a0009397_23571765.jpg
「ついにここまで来ました!いっただきます!」

ここで父に完全に押さえ込まれて強制的にテーブルから下ろされ、もちろん味見も出来ずに終わったのである。

ウニはこういうときいつも何食わぬ顔をしてそろり、そろりと近づこうとする。それも人の顔を伺いながら動くタイミングを見計らっている。
ダメ!!と叱ると「ボクそんなつもりじゃないもーん」といったような感じで顔を逸らしたりグルーミングしたりして興味がないようなそぶりをみせつつ、また人の目を盗んで一歩、一歩と進むヘタレである。
もっと強い口調でダメ!!と怒って手をかざすと、シャー!と威嚇してダッとテーブルから降りて逃げるのである。弱虫だからすぐシャーシャー言って強く見せかけているのだ。

ちなみにモモだったら阻止しようと何しようと、「あたし行くわよ!」とわき目も振らずに突進あるのみ。怒られても全く動じない。ある意味、モモのほうが狙ったら絶対逃さない。

それ以前にテーブルに乗らないようしつけの出来なかった人間のミスである。
[PR]
by unilog | 2007-07-25 00:23 | ウニモモ

2ヶ月

ハナは無事生後2ヶ月を迎えた。
推定体重すでに5.6キロ、骨太で体も大きく、首もしっかりしてきて元気一杯。
人の目をみて笑うことを覚え、あーうーとおしゃべりも少し出来るようになった。

ウニモモとの関係はあまり変化はない。
ウニはハナが泣くとすっとんで様子を見に行き、父母に教えに来てくれる。ハナを抱いて座っていると近くに寄ってきて、人間にゴロゴロスリスリ。でも直接ハナにくっつくことはない。

モモはたまーにミルクの時に寄ってきてハナのにおいを確認し、ハナの手足にスリっとにおい付けをすることがあるが普段は全くお構いなし。
そしてとても甘えん坊になり、眠る時には父母の体にぴったり寄り添って眠っている。

もちろんハナもまだウニモモを認識はしていない。たまにハナの手を取ってウニモモを触れさせたり、ウニモモの視線と同じ高さに顔をもってきて「ご紹介」してみるが、反応なし。

写真は、のどかな午後のひと時。母の大事な3人の子供が仲良く(?)昼寝をしている図。
いつまでもこんな平和な幸せの日々が続きますように。
a0009397_1295353.jpg

[PR]
by unilog | 2007-07-22 22:08 | その他

メタボリック症候群

アビシニアン=小顔で手足が長くてスマート。
というイメージがあるし、雑誌で見たりショーに出たりしているアビさんたちは皆イメージどおりのスタイルを保っている。うちの場合家の中で飼うだけなのでスタイル維持に気を使った訳ではないが、それにしても何故こんなに太ったのか・・・・・

エサはストラバイト対策のため決まった処方食しかあげられないが、量は標準かそれ以下しか与えていない。
おやつも結石を作る原因になるので、ほんの少ししかあげていない。
2匹いるから適度に追いかけっこをしたりで運動もそこそこしている。
なのに、ウニモモはすっかり今はメタボリック症候群。
いったいいつからこうなったのか。古い写真から推測するに、どうもこの1年で劇的に太った模様。
今年は4才、人間で言えば30代中盤か。父母同様に、そろそろ中年太りが始まる時期なのかもしれない。
猫用ヘルシア緑茶を開発してくれないかな。

では、恥を忍んでウニモモの真実を大公開。

ウニ
a0009397_2339545.jpg
モモ
a0009397_23391331.jpg

それにしてもこれは酷すぎる。きみたち、父母と一緒にビリーだ、ビリーをやるぞ!
[PR]
by unilog | 2007-07-21 23:42 | ウニモモ

仲良く並んで

よく雑誌などに猫たちが仲良くくっついていたり猫団子になったりするカワイイ写真が載っているが、残念ながらウニモモはあまりくっつく事がない。
寒い日にたまーにぴったり身を寄せ合っていることはあるが、普段はお互い好きに行動して付かず離れずの距離を保っているため、ツーショットでしっかり正面をむいた写真は殆ど取れたことがない。
親としてはやっぱりカワイイ子供が並んだ写真はいくらでも欲しいのだけれども。

ところが最近立て続けになかなか良い写真が取れたのである。
偶然2匹がちょうど良い感じで並んでいる時に急いでカメラを用意しても間に合った。ラッキー!!
それでは、一挙大公開(?)。
a0009397_20235.jpg
ウニもモモもお気に入りの冷蔵庫の上で。
天窓から日がさして暖かい上に家の中を一望できるのが良いみたい。
a0009397_2021170.jpg
厳密にはツーショットではないが、奥と手前でなぜか同じポーズで佇むウニモモ。
遠近感がちょっと面白い。
a0009397_2021691.jpg
そして今までの中でベストショット。微妙に距離感があるけれども、きれいに右左に並んだ二人。
こうやってみると結構色が違うのにオドロキ。


市内にペットもOKの写真館があり、一度ウニモモと一緒に家族写真(?)を取りたいと思っている。猫2匹でも大丈夫とのお答えを頂いたのだが、犬とちがって言う事を聞かない猫、しかも2匹揃って素直に抱かれて正面を向いての写真撮影が出来るものか疑問である。
一度はやってみたいと思うのだけれど。

多頭飼いのみなさま、ツーショットが上手く取れるコツがありましたら是非ご教示くださいませ。
でもまずは仲良くくっつく方法から考えなければダメか。
[PR]
by unilog | 2007-07-17 20:26 | ウニモモ

甘えんぼモモ

相変わらず甘えモードのモモちゃん。ある夜母が床に転がって居眠りしていたら、お腹に乗ってきた。
よく布団の中でこういう格好(もっとカワイイ格好も!)をするが、さすがに夜中は写真が取れないのでちょっと嬉しい。父、よく撮った!
(見苦しい格好で申し訳ありません)
a0009397_15174991.jpg
母の腹はとっても柔らかいので気持ちが良いらしい。
a0009397_15175523.jpg
しっぽが母の腿の間にぴったり収まっているのがポイント。
とってもかわいいモモなのであった。

[PR]
by unilog | 2007-07-12 15:20 | ウニモモ

みんなまとめて

ハナにミルクを飲ませていたらゴロゴロいいながらやってきたウニ。
こういう時はまとめて相手!
a0009397_23582860.jpg
ウニもそのうちごろんとお腹を出してきて、まんざらでもなさそう。
a0009397_003912.jpg
ちょっと幸せなひと時であった。
でももしモモまでが現れたら、どうしよう。手がもう一本欲しい。贅沢な悩みである。
[PR]
by unilog | 2007-07-11 00:03 | ウニモモ

準備よし

人間の食卓に登っているお魚を狙っていたところ、とっても不思議な格好を開発したウニ。
はじめはカウンターの上で箱座りをしていたのだが、お魚のにおいに惹かれてつい前のめりになったらこんな格好になってしまった。
実はいざという時にすばやく動ける体制なのかも?いつでもダッシュでお魚を争奪できるよう、準備しているのかもしれない。

もちろんウニがお魚にありつけることはなかったのだが。
a0009397_22411612.jpg

[PR]
by unilog | 2007-07-06 22:49 | ウニモモ

焼きもちモモ?

最近モモの甘えがすごいのである。
先日母がイスに座っていた時のこと、ハナがぐずぐずと泣き始めた。薄情な母はそのくらいだと放置しておくのだが、だんだん泣き声が激しくなってきて"こりゃあそろそろ抱っこしないと火がつくな"と思ったときのこと。
モモが突然現れて母の膝の上に乗り、ゴロゴロゴロゴロと喉を鳴らして体をべったり寄せてきた。カワイイのでなでてあげると、そのうち膝にどっしりと座ったまま全く動かなくなった。母を行かせたくないのか???
ハナの泣き方はかなりエスカレートしてきたのだが、甘えて膝に座り込むモモをどけることもできず、ハナとモモの板ばさみになって(?)困った母であった。
その後モモは何かを見つけて膝から降りたので、次はハナの相手ができたのであった。

というのは一例だが、最近本当にモモは父母へのくっつき度が高いのである。それにハナを構っている時にはつまらなさそうな顔をしているように思える。
平等にしているつもりでも、やっぱり手のかかるハナへかける時間の比重は重くなってしまう。ごめんよ、モモ。

写真は、父がハナを沐浴させている手前でハナのためのタオルや肌着の上に座り込んで動かないモモ。
追い立ててどかせるのはかわいそうなので、このあとおもちゃで釣って自発的に降りさせたのであった。
a0009397_23533742.jpg
楽しそうな父とハナに背を向けるモモ
a0009397_23534622.jpg
とってもつまらなさそう。このあとおもちゃで遊んであげた。

[PR]
by unilog | 2007-07-03 23:59 | ウニモモ