アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウニ 親になる?

最近よくウニモモハナのスリーショットの写真が撮れるようになってきた。

モモは単にハナがいても気にせず自分が好きな場所にいるだけだが、ウニはどうやら自分がハナの親にでもなった気持ちでいるようだ。
いつもハナの近くで番をしたり、泣けばダッシュで確認に行き、しょっちゅう近づいてはにおいチェックをしている。特に毎晩、暗くした寝室でミルクを飲ませて寝つかせる時にはウニは100%ついてきて(しかもダッシュでついてくる)、ゴロゴロフミフミスリスリしながらハナの横にずっと座っている。
ウニの目は潤み、とても優しいオーラが出ていて、まるで自分が授乳している気分になっているのではないかと思う。(オスだけど)
そしてハナが眠った頃になると、踵を返したように部屋から出てゆく。本日のお役目終了、という感じか。

ハナも最近はウニモモをよく認識していて、視界に入ると大喜びをする。
産まれたときからすぐ近くに猫がいる生活ってどんなものなのだろう。
ハナにとってはウニモモは完全にデフォルトで、猫だとかペットだとかいう認識はなく父母と同じくらい当たり前の存在なのだろうが、それってどんなものなのか想像がつかない。なんだかうらやましい。
小さな頃に戻って、そんな経験をしてみたいものだなあ。
a0009397_2144173.jpg

[PR]
by unilog | 2007-11-28 21:47 | ウニモモ

近況

ご無沙汰しております。
10月から仕事に復帰した為、毎日バタバタと慌しく過ごしています。とはいっても家で子供と二人で過ごすより働いている方が性に合っているようで、結構楽しくやっています。
でも時間の過ぎる事の早いこと早いこと・・・ 更新もついおろそかになっていますが、そんなウニログにいつもお越し頂きまして本当にありがとうございます。

ウニモモも相変わらず元気にしています。寒くなってきたので最近は良くくっついてくるようになりました。
ハナは来週で生後6ヶ月。体重も約9キロとかなり巨大な子に育っています。
ウニやモモが近くを通ると笑いかけて喜び、時々自分で手を伸ばして触ったりすることもあります。
ウニはハナの事が大好きのようでしょっちゅう近寄ったり泣くとあやしに行ったりしていますが、モモは相変わらずあまり興味はないみたいです。
夜はハナはベビーベッドで寝かせ、モモは父と母の間に埋まって寝るのが基本ですが、たまにハナがぐずって父母の間に寝かせるとモモは明らかに不機嫌な顔をして、プイ、とどこかに行ってしまったりする事も。
ただ、最近は寒くなったせいかそんな時にもモモは布団に入ってきてハナと並んで寝ることがあり、ハナの胸の上にモモの尻尾がのっていたりなどすると嬉しくなったりするこの頃です。(モモは嬉しくないかもしれないけど)

a0009397_2214670.jpg
モモ的にはあまりハナに近づきたくはないみたいだけれども、ホットカーペットは暖かいので近くに居ざるを得ないよう。
a0009397_222269.jpg
正面から写真を撮っていたら背後にウニもやってきて、初のスリーショット(?)に。


子供が産まれてからウニログがおろそかになった!と父に責められるので、週末くらいは更新できるよう頑張りたいと思います~。
[PR]
by unilog | 2007-11-18 22:15 | ウニモモ