アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

ウニモモを追いながら

2週間ほど前に初めてゆっくりと一歩ハイハイが出来るようになったハナ。
ウニモモを追って行きたいのが一番の動機だったようで、今では部屋中を自由に動き回ることができるようになった。でもまだまだウニモモにはひらりと逃げられてしまう。

そんなある日、いつものようにモモを追ってテケテケと這って行ったところ、モモはすいっとソファーの上に飛び乗ってしまった。するとハナは何の躊躇も無くソファーに手をつき、すくっと立ち上がってモモに手を伸ばそうとしたのだった。
それがハナの初めてのつかまり立ち。
モモもびっくりして、さらに一段高いところに飛んで逃げてしまった。
ああ、行っちゃった。とハナはしゅんとしていたが、目標があると成長の励みになるのかも。

うーん、もしかして「あたし、大きくなったら食器棚の上に飛び乗れるんだもん!」と思っているかもしれない。

三人で仲良く遊ぶ図。
(ハナが持っているねずみちゃんが気になるだけなのだが)
a0009397_228292.jpg


ハナ「ウニぃちゃん、もっと遊んでよぉ」
ウニ「だめです、もう寝る時間です!」
a0009397_229272.jpg

[PR]
# by unilog | 2008-02-17 22:13 | ウニモモ

君臨

おひなさまが家に来てから1週間。
モモは翌日の朝、すでに君臨していた。
ケースの上で毛づくろいしたり、昼寝をしたり。我こそがこの家の主、女王といったところ?

アクリルのケースは多少傷に弱いが、猫がガリガリでもしないかぎり大丈夫だろうと言われたが、やっぱりガラスケースにしておいてよかった。
a0009397_2156146.jpg

[PR]
# by unilog | 2008-02-10 22:03 | ウニモモ

おひなさま

ハナの初節句に、お雛様がやってきた。
初めて相場と言うものを知ったのだが、値段の違いは着物や人形の質によるため、大きな7段飾りも小さなケース入りも値段は一緒だったりする。
段飾りはやっぱり素敵だけれど、置く場所がないので断念。というより、もし仮に置けたとしても、新たなキャットタワーと勘違いするウニさん、モモさんのおかげでクビが取れ、髪が乱れ、床に散乱するお雛様の救出の毎日になること間違いなし。
というわけで、うちのお雛様はケース入りに決定した。

ケースもガラス製とアクリル製があるのだが、お店の人が
「アクリルの良いところは軽いこと、でも傷がつきやすいんです」と。
「どの位傷に弱いですか?」
「いえ、そんなに普通は気にすることないですよ。ガラスに比べればという程度です。まあ、猫でもいなければ問題ないですよ」
「・・・うち、猫がいるんです」
「えっ、あっ、そうですか(汗)まあ、よほどガリガリしなければ大丈夫だと思いますが・・・」
結局気に入ったものがガラス製だったのでそれを選んだのだけど(笑)


やっぱり気になるウニモモさん
a0009397_21261100.jpg

ウニ「だ、誰ですか、皆さん」
モモ「また新入り?しかも今度は5人とは、勘弁してよ」

a0009397_21261058.jpg
でも、やっぱり箱の方が好きみたい。

[PR]
# by unilog | 2008-02-03 21:43 | ウニモモ

ウニモモ売ります

ある日、外人から一通のメールが届いた。
そこには一言、「ウニモモを売る気はないですか?」と。
メールにはURLが書いてあったので、新たなスパムメールだと思って無視をした。

ところが1週間後、また同じ人からメールが来た。
「ウニモモ売る気がないか、返事くれませんか。」

誰にでも送っているような感じではなかったし、URLもシンプルなものだったので、ついクリックしてみた。
すると、スイスにある靴下やさん。変わった靴下を受注販売しているようだった。
もちろん、そのサイトに誘導して何かを買わせたり登録させようとしているわけでもなく、どうやら本当に売ってくれない?と言っているようだ。

というわけで、一言「ごめんなさい、売る気はありません」と返事をしておいた。
すると、翌日「そうですか、それは残念。気が変わったら連絡ください」との返事が来て、この話はおしまい。

・・・・でも、オチを言うと、売って欲しかったのはウニモモたちではなく、
unimomo.com のドメインのことでした。

一応取得はしたものの、このエキサイトブログに自動的に転送されているだけなので、全く有効活用はしていないのだけど。
一応、いくらで買いたい?って聞いてみるべきだっただろうか??
[PR]
# by unilog | 2008-01-29 22:13 | ウニモモ

モモ、潰される

あらら、モモが潰されてる?
a0009397_21343995.jpg


正解は、布団とソファーの隙間で潰されそうに眠ってるところ。
もちろん、自発的に選んだ場所。
a0009397_2137374.jpg


でも、何気にとても快適そう。
a0009397_21303911.jpg

なんでわざわざそんな狭い場所で寝るのか。そこが猫の魅力なのである。

[PR]
# by unilog | 2008-01-20 21:39 | ウニモモ
アビのここの部分をみると・・・・
a0009397_22242539.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・



くりまんじゅうが食べたくなるのは私だけでしょうか。

a0009397_22245058.jpg
特にウニのこげ茶色の額を見ていると、ケシの実なんかぱらぱら乗せて食べたくなるのだが。


だいぶ前から一度このねたをやってみたかったのだけど、なかなか家にくりまんじゅうがある機会というのがなく、このたびやっと撮影成功。
でも、イメージしていたのはこういうくりまんじゅうじゃなくて、もっと細長くて(楕円形)色も少し濃いタイプのやつ。
まあ、どっちにしてもどうでもいいネタだけど。
[PR]
# by unilog | 2008-01-14 22:30 | ウニモモ

ハナ8ヶ月

あっという間に1月ももう中旬に・・・
コメントのお返事(しかも年始の挨拶なのに)もまたまたこんなに遅れて申しありません!
仕事始めの週は劇的に忙しく、家に帰ったら寝るだけの生活を送ってました・・・

* * * 

ハナは来週で生後八ヶ月。ミルクも離乳食もとにかくよく食べるせいで、身長70センチ、体重9.3キロとすでに1歳児に近いサイズに達して元気に育っている。
しかし体が重すぎるのでハイハイができず。

ウニモモが近くを通るとさっと手を伸ばして触ろうとするが、まだまだウニモモはすばやいので逃げられている。もう数ヶ月もすれば走って追いかける日が来るのだが、ウニモモはまさかそんなことは想像もしていないだろう。

今日、ハナがおせんべいを食べていたら、ウニが顔の前までやって来た。小魚配合のおせんべいなので匂いが気になる様子。
するとハナはにっこり笑っておせんべいをウニに差し出したのだ!

偶然かなあと思いながらも一応カメラを構えてしばらく見ていたら今度はモモがやってきて、やっぱりモモに対してもおせんべいを差し出していた。
ウニもモモも実際には食べなかったけれども、いつかは反対にウニモモにおやつを取られて泣きべそをかくハナが見られたりするのだろう。成長って面白い!
a0009397_23244329.jpg

[PR]
# by unilog | 2008-01-13 23:36 | ハナ
a0009397_2147256.jpg

年賀状用にネズミちゃんとのツーショットを取ろうと思ったら、食われてしまいました。うーむ、良いのだろうか?
干支の動物は大切に扱わなければならないのに、猫飼いにはなかなかそうも行かないかも。

今年も宜しくお願い致します。
[PR]
# by unilog | 2008-01-02 21:48
気がついたらもう今年も1週間で終わり!
子供が産まれてウニモモを邪険にしているわけではなく、相変わらずウニもモモも母のめんこたん(めんこいちゃん=かわいい子)で、甘えたり甘えられたりで毎日楽しく暮らしている。
とはいっても仕事を始めてから毎日自由になる時間が1,2時間しかなく、その中で優先順位をつけるとどうしてもブログにまで手が伸ばせず。
ああー、今日も、今週も、今月も更新できなかった!!という毎日の繰り返しになってしまった。
しかもウニもモモもずいぶんと落ち着いてしまい、毎日そんなに目新しい話題がなくなってきたのも事実。
そんな中の出来事といえば、モモが12/21に4歳を迎えたこと。今更報告かい!
そういえば去年は入院していて、やっぱりモモの誕生日の記録も書けなかったっけ・・・

相変わらずツンデレ状態のお嬢さんはハナの存在を当初は快く思っていなかったようだが、今はとりあえず構いはしないものの気にしないようになったようだ。というより、全く気にもしていないという感じもするが。
それでも焼きもち焼きのようで、父母の膝元があいていたらすぐ飛んできてゴロゴロゴロゴロ。寝るときにも必ず布団に入ってきてぴったりくっつき母の腕枕。トイレにはついてくるし、帰宅した父の足元に擦り寄っては爪をとぎ、顔をくっつけたまま離れない。

ウニの場合、モモが家に来たときに新入りが入って自分だけが中心だった状況からの変化を一度経験しているが(あの時もウニの焼きもちは凄かったねぇ)、モモは自分が今まで最後の新入りだったわけで、末っ子状態が不動だと思っていたのだろう。
なのでハナの登場もすんなりと受入れられなかったのかもしれない。

そんなツンツン状態のお嬢さん。
a0009397_0224853.jpg

そしてデレデレ状態のお嬢さん。
いつもブログの更新ができないのには、こういう障害があるからなのであった。
a0009397_0233145.jpg


万が一これが今年最後の更新になった場合のために、

皆様、今年も一年本当に有難うございました。
出産に際しては沢山の励ましやお祝いのメッセージを頂き、辛い入院生活も乗り越えられました。頻度が減ってつまらないブログになりましたが、これからもどうか見捨てずに(笑)、宜しくお願い致します。

それでは、皆さんよいお年を・・・
[PR]
# by unilog | 2007-12-28 00:33 | ウニモモ

ハナ、チェルビーと遊ぶ

連休を利用して、北海道に里帰りしてきた。
a0009397_0492751.jpg

チェルビーは相変わらずぴょんぴょん飛び跳ねては陽気で激しく愉快なまま。
前回はハナにひどい焼きもちを焼いたのでちょっと心配したが、今回はそれほどではなかった。
とは言ってもやはり自己主張が強くなってジジババに噛み付いたりすることもあり、やっぱり自分の座を奪われたような気になっていたのかもしれない。
不思議なことに、東京に戻る当日はもう自分の座は安泰と悟ったかのごとく、妙に神妙でおとなしくなってしまった。

前回はまだ生後3ヶ月ちょっとで周りのことなどわからないハナだったが、今回はもう7ヶ月になり、ウニモモに慣れているせいか、チェルビーを見て大喜び。
顔を見るとキャッキャ言って笑い、ぶんぶん振り回す尻尾をつかもうとしたり、チェルの動く方向ばかり見て大喜びしていた。
離乳食をチェルに横取りされたり、おもちゃのぬいぐるみを取られたりもしたけれども楽しかったようだ。
とはいっても、柴犬やラブのようなしっかり落ち着いた犬と違って、陽気で落ち着きなく、甘えん坊のイタグレなので赤ちゃんの共存って結構大変だろうなあと考えてしまった。
猫と違って積極的に手を出してくるし、動きも激しく、犬なので力もある。悪気は無くても事故は起きやすいだろう。犬との共存の方が気を使うことは多そう。

それにしても、家では猫、実家では犬が物心つく前から当たり前にいる生活だなんて、とってもうらやましい。いいなあ、ハナ。


P.S.  Hさん、もここもカバーオールとっても役に立ちました!ありがとう~
[PR]
# by unilog | 2007-12-27 00:34 | チェルビー