アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

モモログ??

a0009397_231018.gif
なんと、ウニにお嫁さんがきたのである。
名前はモモ、生後3ヵ月半(ウニと2ヶ月違い)のメスのアビシニアン。実は、ウニがうちにきてしばらくした頃から考えていたのだ。日中は家で一人のウニにお嫁さんを迎えてあげたいと。猫は一人でも余り寂しくないとは言うけれども、これから20年近く生きるのであればやはり猫同士のパートナーがいるほうが楽しいのではないかと思う。
というわけでブリーダーさんやペットショップをネットで探し続けたけれども、なかなかメスのアビというのがいないのであった。ブリーダーさんも評判のよい人のところは妊娠と同時に予約が入るほどの人気だし、何人かに連絡を取ったけれども、なかなか縁がなかった。もちろん、気の会いそうな子が見つかるまでゆっくり待つつもりではあったが、かといって今妊娠中の猫の予約となるとまた考えてしまう。

そして、ネットを探して近郊の町のペットショップでモモを見つけたのであった。ネットに出ていた写真をみただけでも気に入ったが、実際に会いに行って、その女の子らしい愛らしさと毛艶のよさに惹かれ、ペットショップの管理のよさにも安心した。(実際、ウニより毛艶が良かった位。)しかもゴロゴロと言って肩の上に載ってきたのが(ウニも肩の上にのるのが大好き)ますますヨシと思ったのであった。さらに、値段もそう高くない上に10%オフキャンペーンと5,000円の商品券(キャットフードとウニのおもちゃに化けた)というおまけまであったのがますますヨシだった。
名前はウニにちなんで魚介類シリーズを色々考えたのだが(トロ、サバなど)事前にウニ父と意見が合っていた名前で、かつ実際にその子をみてぴったりだと思った「モモ」に決定した。結構平凡な名前だけど、桃のような子だったのでいいとしましょう。

さて、今日はモモの初めての日。ペットショップでは元気だったが、やはり移動や新しい生活でのストレスで警戒したままフーとおびえている。ウニは近づこうとしていたが、モモはかなり怒って興奮しているため、使っていない部屋を一つモモのために開放して一人っきりにさせている。
どちらも年も近い子猫だから、仲良くなるのもそう遠くないと思う。ゆっくりと慣らしていこう。なんせ、10数年は一緒に過ごすのだから。

それにしても、ウニはうちに初めて来た日に30分もたたずに慣れておもちゃで遊んでいたなーと思うと、つくづく面白いヤツだと改めて思った。
by unilog | 2004-03-31 23:11 | ウニモモ