人気ブログランキング |

アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

ウニモモ脱走

なんと、また脱走したのである。
しかも今度は二匹とも。

昨日ウニが脱走してから窓の開け閉めには気をつけていたのだが、今朝ちょっと前まで二人で遊んでいたのに、はっと見ると二匹ともいない。家中に気配もない。なんと、ベランダの網戸がやぶれていたのだ!
また心臓が止まりそうになって、すぐに外に出て庭に回ってみた。
モモが花壇で楽しそうに花と戯れていた。楽しそうなのを止めさせてもうしわけないが、すぐに抱きかかえて家に連れて帰った。
しかし、ウニがいない。家の周りを良く探したが、どこにもいない。そういえばさっき外で車が急停止した音を聞いた。ウニが飛び出したのかもしれない。周りに動物が倒れていた様子はなかったので、道路の反対側の畑まで探してみた。
ウニー、ウニーと叫ぶとき、ちょっとこの名前は恥ずかしいかもと思ったが、それどころではない。ウニウニと呼びながらとにかくあちこちを探しまくった。見つからなかったので一度家に帰り、ごはんをウニが逃走したベランダに置いてみた。匂いで戻るかもしれない。
でもやはり戻らず、もう一度家の周りを探しにでた。
このまま二度とウニと会えなかったら、と思うと心が詰まった。昨夜、ウニはいつもにも増してゴロゴロモードが激しく、いつまでも自分に甘えていた。前の晩に怖い思いをしたからだと思っていたのだが、もしかしてあれはさようならのメッセージだったのではと思ったりして、この先どうやって生きてゆこうとまで考えてしまった。
そうして家の周りをもう一度じっくり探してみると、芝生の陰にうずくまって動かない背中を見つけたのだ。草木を払い分けないと分からないくらい奥にうずくまっていた。しかし、まったく動かない。死んでいるのではと一瞬思ったが、ちらっとこちらを見た。ウニだ。すぐに抱きかかえて、腕から逃げ出そうとするウニをとにかく強く抱きしめて家に連れて帰った。
ウニは車に驚いて小さく固まっていたのではないだろうか。それにしても、見つかって本当に良かった。朝からまた力が抜けてしまった。
この家の網戸は大分前に取り替えたと見えて、まわりのゴムが緩んでいるようだ。他の部屋の網戸も今にも外れそうになっているものがある。気をつけなくては。
ペット可のマンションに移ったはいいが、新たな悩みが生まれたのである。
しかし、思い返してみると花と戯れるモモはとっても楽しそうで、愛らしかった。でももう出ないでね。
by unilog | 2004-06-04 23:06 | ウニモモ