アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

一時帰宅中

a0009397_10225689.jpg
切迫早産→腸閉塞→今度は肝炎もどきになってしまい、相変わらず入院中の母です。
しかし2週間の入院でストレスもピークに達しかけたところ、体調も安定してきたのでリハビリも兼ねて昨日から2泊限定で一時帰宅を許可されました。

さてさて、毎日ウニモモの写真を見たり、父から様子を聞いたりしてなんとか2週間を乗り越えましたが、やっとご対面。
忘れられていたらどうしよう・・・とちょっぴりドキドキしたものの、「おう!」といった感じですぐに寄ってきてにおいを確認。犬のように明らかに喜んだりはしないものの、その後ずっと近くをうろうろとしていました。

父とウニモモだけの時にはあまり居間にはおらずどこかで勝手に休んでいたようですが、私が帰ってきてからはずっと居間でくつろいでいました。
昨日はかなり暑かったのでさすがに布団に入ったりはしなかったのですが、ちゃんと近くで眠っていました。

そして朝方。モモがゴロゴロ言いながら胸の上にのってきて、そのまま「あなたはマフラーですか」といった感じで母の胸~喉辺りにぺったりくっついて寝転がってしまいました。
おなかが大きいので仰向けは苦しいのだけれど、あまりにモモが可愛くてそのまま我慢すること1時間。
起きてからも周りをうろちょろ、うろちょろ。目が合えばしっぽをピーンとたてて寄ってきて、スリスリ。
こんなに可愛かったっけ?というくらいウニもモモも可愛くて、その顔を見ているだけで全快しそうです。

あとほんのちょっとだけど、ウニモモとの蜜月を楽しまなくては。
by unilog | 2007-05-05 10:43 | その他