アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

2ヶ月

ハナは無事生後2ヶ月を迎えた。
推定体重すでに5.6キロ、骨太で体も大きく、首もしっかりしてきて元気一杯。
人の目をみて笑うことを覚え、あーうーとおしゃべりも少し出来るようになった。

ウニモモとの関係はあまり変化はない。
ウニはハナが泣くとすっとんで様子を見に行き、父母に教えに来てくれる。ハナを抱いて座っていると近くに寄ってきて、人間にゴロゴロスリスリ。でも直接ハナにくっつくことはない。

モモはたまーにミルクの時に寄ってきてハナのにおいを確認し、ハナの手足にスリっとにおい付けをすることがあるが普段は全くお構いなし。
そしてとても甘えん坊になり、眠る時には父母の体にぴったり寄り添って眠っている。

もちろんハナもまだウニモモを認識はしていない。たまにハナの手を取ってウニモモを触れさせたり、ウニモモの視線と同じ高さに顔をもってきて「ご紹介」してみるが、反応なし。

写真は、のどかな午後のひと時。母の大事な3人の子供が仲良く(?)昼寝をしている図。
いつまでもこんな平和な幸せの日々が続きますように。
a0009397_1295353.jpg

by unilog | 2007-07-22 22:08 | その他