人気ブログランキング |

アビシニアンのウニとモモの生活


by unilog

カテゴリ:ウニモモ( 357 )

アビのここの部分をみると・・・・
a0009397_22242539.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・



くりまんじゅうが食べたくなるのは私だけでしょうか。

a0009397_22245058.jpg
特にウニのこげ茶色の額を見ていると、ケシの実なんかぱらぱら乗せて食べたくなるのだが。


だいぶ前から一度このねたをやってみたかったのだけど、なかなか家にくりまんじゅうがある機会というのがなく、このたびやっと撮影成功。
でも、イメージしていたのはこういうくりまんじゅうじゃなくて、もっと細長くて(楕円形)色も少し濃いタイプのやつ。
まあ、どっちにしてもどうでもいいネタだけど。
by unilog | 2008-01-14 22:30 | ウニモモ
気がついたらもう今年も1週間で終わり!
子供が産まれてウニモモを邪険にしているわけではなく、相変わらずウニもモモも母のめんこたん(めんこいちゃん=かわいい子)で、甘えたり甘えられたりで毎日楽しく暮らしている。
とはいっても仕事を始めてから毎日自由になる時間が1,2時間しかなく、その中で優先順位をつけるとどうしてもブログにまで手が伸ばせず。
ああー、今日も、今週も、今月も更新できなかった!!という毎日の繰り返しになってしまった。
しかもウニもモモもずいぶんと落ち着いてしまい、毎日そんなに目新しい話題がなくなってきたのも事実。
そんな中の出来事といえば、モモが12/21に4歳を迎えたこと。今更報告かい!
そういえば去年は入院していて、やっぱりモモの誕生日の記録も書けなかったっけ・・・

相変わらずツンデレ状態のお嬢さんはハナの存在を当初は快く思っていなかったようだが、今はとりあえず構いはしないものの気にしないようになったようだ。というより、全く気にもしていないという感じもするが。
それでも焼きもち焼きのようで、父母の膝元があいていたらすぐ飛んできてゴロゴロゴロゴロ。寝るときにも必ず布団に入ってきてぴったりくっつき母の腕枕。トイレにはついてくるし、帰宅した父の足元に擦り寄っては爪をとぎ、顔をくっつけたまま離れない。

ウニの場合、モモが家に来たときに新入りが入って自分だけが中心だった状況からの変化を一度経験しているが(あの時もウニの焼きもちは凄かったねぇ)、モモは自分が今まで最後の新入りだったわけで、末っ子状態が不動だと思っていたのだろう。
なのでハナの登場もすんなりと受入れられなかったのかもしれない。

そんなツンツン状態のお嬢さん。
a0009397_0224853.jpg

そしてデレデレ状態のお嬢さん。
いつもブログの更新ができないのには、こういう障害があるからなのであった。
a0009397_0233145.jpg


万が一これが今年最後の更新になった場合のために、

皆様、今年も一年本当に有難うございました。
出産に際しては沢山の励ましやお祝いのメッセージを頂き、辛い入院生活も乗り越えられました。頻度が減ってつまらないブログになりましたが、これからもどうか見捨てずに(笑)、宜しくお願い致します。

それでは、皆さんよいお年を・・・
by unilog | 2007-12-28 00:33 | ウニモモ

ウニ 親になる?

最近よくウニモモハナのスリーショットの写真が撮れるようになってきた。

モモは単にハナがいても気にせず自分が好きな場所にいるだけだが、ウニはどうやら自分がハナの親にでもなった気持ちでいるようだ。
いつもハナの近くで番をしたり、泣けばダッシュで確認に行き、しょっちゅう近づいてはにおいチェックをしている。特に毎晩、暗くした寝室でミルクを飲ませて寝つかせる時にはウニは100%ついてきて(しかもダッシュでついてくる)、ゴロゴロフミフミスリスリしながらハナの横にずっと座っている。
ウニの目は潤み、とても優しいオーラが出ていて、まるで自分が授乳している気分になっているのではないかと思う。(オスだけど)
そしてハナが眠った頃になると、踵を返したように部屋から出てゆく。本日のお役目終了、という感じか。

ハナも最近はウニモモをよく認識していて、視界に入ると大喜びをする。
産まれたときからすぐ近くに猫がいる生活ってどんなものなのだろう。
ハナにとってはウニモモは完全にデフォルトで、猫だとかペットだとかいう認識はなく父母と同じくらい当たり前の存在なのだろうが、それってどんなものなのか想像がつかない。なんだかうらやましい。
小さな頃に戻って、そんな経験をしてみたいものだなあ。
a0009397_2144173.jpg

by unilog | 2007-11-28 21:47 | ウニモモ

近況

ご無沙汰しております。
10月から仕事に復帰した為、毎日バタバタと慌しく過ごしています。とはいっても家で子供と二人で過ごすより働いている方が性に合っているようで、結構楽しくやっています。
でも時間の過ぎる事の早いこと早いこと・・・ 更新もついおろそかになっていますが、そんなウニログにいつもお越し頂きまして本当にありがとうございます。

ウニモモも相変わらず元気にしています。寒くなってきたので最近は良くくっついてくるようになりました。
ハナは来週で生後6ヶ月。体重も約9キロとかなり巨大な子に育っています。
ウニやモモが近くを通ると笑いかけて喜び、時々自分で手を伸ばして触ったりすることもあります。
ウニはハナの事が大好きのようでしょっちゅう近寄ったり泣くとあやしに行ったりしていますが、モモは相変わらずあまり興味はないみたいです。
夜はハナはベビーベッドで寝かせ、モモは父と母の間に埋まって寝るのが基本ですが、たまにハナがぐずって父母の間に寝かせるとモモは明らかに不機嫌な顔をして、プイ、とどこかに行ってしまったりする事も。
ただ、最近は寒くなったせいかそんな時にもモモは布団に入ってきてハナと並んで寝ることがあり、ハナの胸の上にモモの尻尾がのっていたりなどすると嬉しくなったりするこの頃です。(モモは嬉しくないかもしれないけど)

a0009397_2214670.jpg
モモ的にはあまりハナに近づきたくはないみたいだけれども、ホットカーペットは暖かいので近くに居ざるを得ないよう。
a0009397_222269.jpg
正面から写真を撮っていたら背後にウニもやってきて、初のスリーショット(?)に。


子供が産まれてからウニログがおろそかになった!と父に責められるので、週末くらいは更新できるよう頑張りたいと思います~。
by unilog | 2007-11-18 22:15 | ウニモモ

爪とぎ兼キャットタワー

IKEAでこんな爪とぎを発見!
高さ180センチ、爪を研いだり、登って遊んだり、そしてインテリアとしても素敵。
とても欲しかったのだけれど、壁にしっかりとネジや釘で打ち付けなくてはいけないようなので、賃貸には無理。
モモなんかは大喜びして毎日登りそうなのだけれども、残念、残念。
持ち家の方、是非試してみてください!
ここから詳細を確認できます。
a0009397_22321979.jpg

by unilog | 2007-10-28 22:38 | ウニモモ

ウニ4歳の誕生日

本日10月19日、ウニは無事4歳を迎えた。
もう4年、でもまだ4年?といった感じ。でも、あと10回は誕生日を祝わせてちょうだいね。

子猫時代からみると驚くほど落ち着いたけれども、甘えんぼは相変わらずのかわいいかわいい母のめんこちゃん。
(注:めんこちゃん→めんこい(かわいい)子)

さて、誕生日といえば毎年恒例のトロのプレゼント。
こちらもご相伴に預かって夕食のメニューは海鮮ちらし寿司にしたので、本日はトロだけではなくてサーモンもつけてあげた。
少量を細かく包丁で叩いてタタキ状態にして、ハッピーバースディの歌と共にプレゼントした。
もちろん「いいから早く食わせろ!」と、母の歌う歌などどうでもよさそうだったが。
サーモンは初めて与えてみたが、トロよりも食いつきが良かった。トロは安いものなので結構筋があったので、食べにくいのかもしれない。

それにしても、夕食用に刺身を切っているときにはウニモモは特にちょっかいは出してこないのに、父に「(ウニモモ用に)お皿だして~」と言った瞬間から突然「早く、早く!」とゴロゴロウロウロソワソワし始めるのは何故だろう。
言葉ではなく、何かオーラを感じ取っているとしか思えない。

そして、なんと言っても嬉しい時のしっぽぴーんがとにかくカワイイ。
というわけでしっぽぴーん画像を3連発で・・・
a0009397_2230043.jpg

by unilog | 2007-10-19 22:37 | ウニモモ
最近嬉しかった出来事。

ハナはウニモモと目が合うとにこーっと笑いかけるようになっていたのだが、先日とうとう次のステップを踏んだのだ。

たまたま良い高さの所にモモがいたので、ハナをモモの目の前で抱っこしてみた。
するとハナはしばらくモモを見つめ、にこっと笑い、そして初めて自分で手を伸ばしてモモに触れたのだ!
何事にも動じないモモだけど、予想外の展開?にびっくりしたのか、すぐにどこかへ行ってしまった。
他人から見ればどうということのない一瞬だけど、母にとっては本当に嬉しい一瞬だった。
ウニは自分から良くハナに近づこうとはするが、ちょっとでもハナが動くとすぐにビックリして逃げてしまう。
だからハナから触れるのはかなり先になりそう。

さて、そのモモさんは最近母が大好きでしょうがないらしい。(自慢、自慢)
どこに行くにも金魚のフンのように付いてくる。
夜寝るとなると一緒についてくるし、2階に用事があって母が登ると一緒に来てはその辺でゴロンとして母を見つめ、降りるとまたすぐについてくる。
母がトイレに入れば当然のように一緒に入ってくるし、トイレに入れないでドアを閉めればドアをガリガリ掻いて開けろとせがむ。
トイレの中では母の膝の上に座り込んでしまうので、おしりが拭けないよ、モモさん。

寝るときももちろん一緒。
モモがいつも父母の間に入って寝るので、初めからハナはベビーベッドで寝かせている。
モモは父母の間で腕枕か、母の胸の上か、はたまた首に巻きつくか。
暑くなったら布団から出て母の枕の上で(寝相の悪い母は、枕から落ちて寝ている)箱座りしている。
暗かったのでぶれてしまったが、モモの様子を父が撮影してみたのでご紹介。
a0009397_0352257.jpg
父がカメラを向けたのでこっちを向いているが、モモは熟睡する母をじっと見つめ続ける。 
a0009397_0353789.jpg
モモは母の喉元が大好き。舐めたり、フミフミしたり、座布団にしたり。


カメラを取りに行くまでは、完全に襟巻状態で母の首に巻きついていたらしい。
しかしそれがなかなか結構暖かいのである。もちろん心もホカホカ暖かい。
by unilog | 2007-10-10 00:48 | ウニモモ

マイメンボー

最近のウニのブームは綿棒あそび。
ハナの湯上りに使用すると、すぐに寄ってきてチョイチョイチョイ。
a0009397_048261.jpg
ウニ「おっ、ボクちゃんのために用意してくれたのですね。」
a0009397_048928.jpg
器用につかむ事もできてしまう。スゴイ。 
a0009397_0481434.jpg
ケースの蓋を開けたままにしてしまうと、上手に何本もケースから取り出してしまう。
おかげでうちの綿棒の減りはかなり早いのであった。
by unilog | 2007-09-09 01:00 | ウニモモ

ある朝の事件

某月某日未明、東京都○×市のアパート2階寝室にてアビシニアン(男性、3歳)が乳児(女児、3ヶ月)に暴行を受けた瞬間を飼い主が目撃、ブログに通報した。

調べによるとアビシニアンは静かに眠る乳児の様子を確認するため、ベッド上にて乳児の足元の匂いを嗅ごうとしたところ、突然乳児の左足が激しい蹴りをかましてアビシニアンの顔面を直打した模様。

犯行当時乳児は熟睡しており、アビシニアンの体の一部が触れたことによる条件反射だったと思われる。アビシニアンはすぐにベッドから降りて避難したが、状態を理解できず、暫くの間ショック状態に陥った。

アビシニアンには怪我はなかったが、精神的苦痛を受けたとして飼い主に慰謝料を請求、これを受けて飼い主は朝食にチーズ入りシーバを奮発したが、同居する別のアビシニアン(女性、3歳)がこれを横取り、被害にあったアビシニアンには半分しか行き渡らなかった様子。

被害者Uさん
a0009397_0481272.jpg
「びっくりしました。ボクちゃん、ハナちゃんの様子を確認しようとしただけなのに。
蹴らなくてもいいと思うんですが。」


犯行に使われた凶器
a0009397_049165.jpg



それでも懲りずにウニはちゃんとハナを見守ってくれている。さすがお兄ちゃんのウニなのであった。
ちなみに、うちでは「ウニにいちゃん」を略して「ウニぃちゃん」と呼んでいる。
by unilog | 2007-08-30 01:02 | ウニモモ
友人から頂いたマットつきメリーは、ハナも母もお気に入り。ハナはおもちゃを見つめて喜ぶし、マットが柔らかいので母も一緒に横にならんで楽しくお昼寝の毎日。
もちろんウニモモにもやっぱりお気に入りなのである。

a0009397_23134864.jpg
なぜか下にもぐるのが大好きなウニと、ふかふかならなんでもベッドにするモモ。
a0009397_237630.jpg
ウニちゃんアップで。楽しそう。
a0009397_23151870.jpg
モモちゃんアップで。気持ち良さそう。


マットの一部は柔らかなフリース状の生地で出来ているのだが、ウニは時々そこをフミフミゴロゴロしながら激しく甘えモードになることもなる。こんな様子ですっかりウニモモにも占領されているので、ハナをマットに転がすと毛だらけになってしまうのであった。

また、ウニはおもちゃもお気に入りで、時々激しくダッシュしてはおもちゃにジャンプしている。そんな貴重な一瞬(?)が撮れた。
a0009397_23113341.jpg

by unilog | 2007-08-22 23:23 | ウニモモ